Home > 自動車保険の基礎知識 > 対物賠償保険

対物賠償保険

対物賠償保険

対物賠償保険とは、交通事故で他人の所有物である物に損害を与えて、損害賠償が発生したときに、保険金が支払われる自動車保険です。契約している自動車で、他人の建物や自動車あるいは、ガードレール、電柱などを壊したときが対象となります。
対人賠償保険が人に対しての補償であるのに対し、対物賠償保険は物への補償を目的とした自動車保険です。ただし、自動車保険の被保険者本人とその家族の所有物は、補償の対象外になります。

補償の対象外になる場合は、例えば、自宅の車庫入れのときに、誤って車庫を壊してしまった場合や家族の所有物であるバイクや自転車などに、ぶつかった場合などがあります。原則として、他人の所有物を壊して損害を与えてしまったときに、保険会社から保険金の支払いがあります。

対物賠償保険で保険金支払いの対象となる具体的な例には、下記のようなものがあります。

  • 建物の損害
  • 他人の車との衝突
  • ガードレール、街灯、電柱などへの衝突
  • 建物への飛び込みによる商品や製品の破損の補償
  • 自動車事故によって発生した休業補償
  • その他これに関連する損害の補償

このように対物賠償保険は、単に事故によって壊したものだけでなく、壊したものが原因で発生した賠償責任をもカバーする自動車保険になっています。

物を壊した場合は、壊した物自体に対する賠償はもちろん、それに関する営業補償や休業補償が付随して必要になってきます。このため、予想以上に多額の賠償金が発生することもありえますので、このことも考えて対物賠償保険の保険金額を検討しなければなりません。ちなみに、一般的な事故の損害額は、一般住宅の自動車の飛び込み事故だと、数百万円~一千万円程度、営業を行なっている工場や店舗への飛び込み事故では、一千数百万円~数千万円程度です。その他に、営業規模の大きな工場や店舗への飛び込みでは、1億円を超える賠償金が発生した例もあります。
なので、対物賠償保険の契約保険金額は一般的に無制限で契約することが多いです。

SponsoredLink

対物賠償保険 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 自動車保険の基礎知識 > 対物賠償保険

PartsLinks

Return to page top