Home > 生命保険の仕組み > 定期保険

定期保険

定期保険

定期保険の種類は、生存している場合に給付金が受け取れる生存給付金付定期保険や、毎年、保険金額が減っていく「逓減定期保険(ていげんていきほけん)」や逆に保険金額が少しずつ増えていく「逓増定期保険(ていぞうていきほけん)」もあります。また、一定期間内の死亡保証を得ることが目的なため、満期の保険金がありません。

定期保険は、死亡保障決められた期間において備えられる保険のことです。契約の際に保険期間をいつからいつまでと設定し、その期間内に所定の高度障害状態に陥ったり、死亡した場合に保険金が支払われる仕組みの保険をいいます。保険期間が限定されるので他の保険よりも保険料が安く、働いている間だけ保険をかけたいという人や、子供が大きくなるまで保険をかけたい、といったように、ある程度決まった期間の遺族に対する保障を確保するために向いている保険です。また、定期保険には満期保険金はありません。

定期保険の代表的なものとしては、補償額が保険期間中ずっと変わることのない定額タイプがあります。

定額タイプは、さらに生存給付金(祝い金)が付いているものとそうでないものの2つのタイプに分かれ、祝い金が出るタイプは生存給付金付定期保険と呼ばれます。この生存給付金付定期保険の保険料は少々高めに設定されていますが、保険期間中に所定の高度障害状態に陥った場合や死亡した場合に保険金が支払われ、更に被保険者が生存している場合には、定期的に契約時に定めた生存給付金が支払われます。

定額タイプの他には、保険料は変わらず、毎年の保険金額が少しずつ減少していく逓減定期保険や、保険金額が少しずつ増えていく逓増定期保険といったものもあります。これらの定期保険に加入する場合は、歳満期(60歳までといったような保障の最終年齢の時期)や、年満期(10年満期といったような保障の期間)といった期間を設定して加入します。

年満期の期間には、1年・5年・10年といったように短い期間での保障設定もありますが、80歳や90歳のような高齢でも、その時の健康状態に関わらず満期になっても更新をすることができます。
但し、更新をした時の年齢や保険料率で保険料が再計算されるため、更新のたびに保険料が上がっていってしまいます。

SponsoredLink

定期保険 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 生命保険の仕組み > 定期保険

Return to page top