Home > 生命保険の仕組み > 定期特約付終身保険

定期特約付終身保険

定期特約付終身保険

定期付終身保険は、割高感のある終身保険と一定期間の保障しかない掛捨型の定期保険のお互いの短所をカバーする保険です。主契約部分の終身保険に、定期保険が特約として付保して加入する保険です。

定期付終身保険とは、正式名称は定期保険特約付終身保険で、終身保険に定期保険が特約として付いた保険のことです。高齢で亡くなっても死亡保険金がもらえる終身保険は、安心ですが保険料は高くなります。
一方、一定期間しか保障しない定期保険は、保険料が安いですが、満期まで生存している場合、掛け損になってしまいます。この二つの保険をちょうどよく組み合わせたものが、定期付終身保険なのです。

定期保険特約部分には、全期型と更新型の2つのタイプがあります。全期型は、保険期間が終身保険の保険料払込満了までとしたものです。
一方、定期型は、10年あるいは15年といったように期間を定め、それが満期を迎えるたびに健康状態などに関係なく終身保険の保険料払込満了まで継続できるものです。

全期型の保険料は全期間を通して一定で、更新型の保険料は、更新の度にその時の年齢や保険料率によって再計算され、更新ごとに保険料が上がっていく仕組みになっています。更新型の定期付終身保険に入院特約などの他の特約を付けた場合、自動的に定期保険特約と同じ保険期間が定められます。
この場合、当初の保険料が安くても、更新型の定期付終身保険にむやみに特約を付けた場合には更新後の保険料がかなり高くなってしまいます。保険契約の際にはその点を注意しましょう。

特約部分を80歳まで、もしくは終身として継続する場合、主契約の保険料払込期間が終わったとしても、特約の保険料は支払わなければならなくなります。そこで一般的には、そこから80歳までの医療保障部分の保険料をまとめて支払うか、80歳まで(または終身)年払いで払い込むことになります。主契約の終身保険を部分的に解約させて、その解約返戻金で払い込ませる場合もあるので注意しましょう。特約部分の保障が必要なくなれば解約することもひとつの方法です。

SponsoredLink

定期特約付終身保険 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 生命保険の仕組み > 定期特約付終身保険

Return to page top