Home > 生命保険の仕組み > 養老保険

養老保険

養老保険

養老保険は、死亡すると死亡保険金が、満期になると満期保険金が支払われる保険です。生死混合保険とも呼ばれ、保険期間に死亡しても、満期まで生存していても契約した保険金が支払われます。
この養老保険のように、生死に関わらず保険金が支払われる保険のことを、生死混同保険と言います。
ただし、死亡保障を養老保険だけで準備しようとすると保険料がかなり高額になります。

養老保険とは、保険満期まで生存していた時には満期保険金が支払われ、保険期間に高度障害状態に陥った時には高度障害保険金が、保険期間に死亡した場合には死亡保険金が、満期保険金と同額支払われる保険です。
つまり、どのような状態に陥っても必ず保険金が支払われます。そのため、同じ保険金額の他の種類の保険より保険料がかなり高く設定されています。

養老保険は明治20年代から昭和30年代までの中、日本の生命保険の主力商品として人々に親しまれてきた保険で、「生命保険=養老保険」という図式が人々の中で定着していたようです。少し前に「定期付終身保険」という保険が誕生したために、主力商品の座を定期付終身保険に奪われてしまいました。

満期時に支払われる保険金のことを考えて、毎月貯蓄に回していく感覚で加入する分に利用価値はあるかと思います。しかし、一家の大黒柱の万が一の場合に備えるべき死亡保障を養老保険だけでまかなおうと考えると、毎月の払込保険料がとんでもない額になる可能性があります。

また、養老保険は更新できるものもありますが、中には更新できない養老保険も存在します。
仮に更新できたとしても、更新時の被保険者の年齢と保険料率で保険料を再計算するため値上がりし、経済的な余裕がある方でなければ、更新して継続していくことはおそらく困難です。

養老保険への加入をお考えの場合は、養老保険を軸に特約などをつけるのではなく、単体の契約をしたほうが保険の使い勝手がいいと思います。

SponsoredLink

養老保険 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 生命保険の仕組み > 養老保険

Return to page top