Home > 保険関連ニュース > KDDIが保険業に参入、携帯ユーザー向け「au損保」開業

KDDIが保険業に参入、携帯ユーザー向け「au損保」開業

 au損害保険は、5月25日より、モバイルを主体とする損害保険会社として営業する。

 au損保は、KDDIとあいおいニッセイ同和損害保険との共同出資により2010年2月に設立され、1年後の2011年2月25日に損害保険業の免許を取得した。資本金総額は45億円(うち資本準備金が21億円)で、出資率はあいおいニッセイ同和損保が65%、KDDIが35%となる。

 携帯電話向けのコンテンツ開発およびマーケティング手法と、あいおいニッセイ同和損保の保険事業のノウハウを融合し、携帯電話ユーザー向けの保険業を展開する。月額制の傷害保険や、短期契約が可能な旅行傷害保険などを展開し、保険料の支払いはauの利用料とともに支払える。レジャーやランナー向け、スポーツやゴルフ向け保険などのほか、開業記念として自転車向けの傷害保険なども取り扱う。

 さらに、開業時期にKDDI研究所の「てのひらAR」技術を利用して、スマートフォン向けアプリ「ガクブルペンギン」とロゴ認識機能を活用したアプリ「ロゴよみカメラ」なども提供される。EZナビウォークやau oneナビウォークの有料会員向けに保険プレゼントキャンペーンなども展開される。

SponsoredLink

KDDIが保険業に参入、携帯ユーザー向け「au損保」開業 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 保険関連ニュース > KDDIが保険業に参入、携帯ユーザー向け「au損保」開業

Return to page top