Home > 火災保険 > 火災保険の補償内容

火災保険の補償内容

火災保険の補償内容

火災保険は、建物と家財の損害を補償するもので、建物や家財に損害を与える事故が補償の対象になります。
補償の対象となる主な事故には下記のようなものがあり、それぞれの事故に対応している火災保険は次の表の通りです。

保険の種類 住宅火災
保険
住宅総合
保険
普通火災
保険
店舗総合
保険
団地保険 長期総合
保険
火災、落雷、爆発、破裂
風、雨、ひょう、雪の災害
建物の外からの物体の
落下、飛来、衝突、倒壊
× ×
水漏れ × ×
水害 × × ×
盗難 × ×
集団、労働争議による
暴力行為
× ×
持ち出し家財の損害 × ×
災害で発生した臨時費用
失火見舞金
残存物片付け費用
マンション内でのケガ × × × × ×
家主に対する賠償 × × × × ×
第三者に対する賠償 × × × × ×

こちらの表は一般的な補償内容で、保険会社によって若干の違いがあります。詳細に関しては、直接、パンフレットを請求したり、
保険代理店などに問合せてください。
また、地震に起因する損害の補償は、別途、地震保険に入らないと補償されません。地震が原因の火災による被害は、
地震保険に入っていないと補償されないので注意が必要です。

火災保険の補償内容の内訳

上記の一覧のように、火災保険による補償は火災による損害だけでなく、風災、雪災や水漏れ、その他に失火見舞金、火災で発生した片付け費用、家主に対する損害賠償など、幅広い補償があります。

火災保険の補償の内訳は、大きく分けると損害保険金・費用保険・賠償責任保険から成っています。

損害保険金
火災や落雷、その他の災害で、実際に建物や家財に損害があったときに、その損害に対して支払われる保険金です。つまり、実害があったものに対して、
その損害に応じた保険金が支払われます。

費用保険
火災やその他の災害で損害があったときに、その損害に関する費用が発生した場合にその費用に対して保険金が支払われます。例えば、
火災で焼けて使えなくなった家財や建物を片付ける費用などがこの費用保険の対象となります。

賠償責任保険
偶然な事故により他人に対して法律上の損害賠償責任を負担することによる損害に対して保険金が支払われる特約です。 本人の住居の用に供される
保険証券記載の住宅の所有・使用・管理に起因する場合や被保険者の日常生活に起因する偶然な事故の場合に補償されます。

代表的な火災保険の比較

住宅火災保険
保険の目的が住宅専用に使われている場合、建物と家財を補償する保険です。補償範囲は、火災、落雷、ひょう、風による損害に対して損害保険金が
支払われるほか、残存物片付け費用や修理費などに対して、費用保険金が支払われます。

住宅総合保険
住宅専用に使われている建物と家財を補償する保険です。上の住宅火災保険の補償にプラスして、物体の落下、飛来、衝突、漏水、盗難、床上浸水なども
補償の範囲となっています。住宅火災保険と比較すると、幅広い補償が特徴となっています。ただし、保険料はその分高くなります。

普通火災保険
専用住宅以外の店舗、店舗兼用住宅、工場などの一般建物と家財を補償する保険です。補償の範囲は、住宅火災保険とほぼ同じです。

店舗総合保険
補償の対象は普通火災保険と同じで、店舗兼用住宅、店舗、事務所などの建物と家財を補償しています。補償範囲は、住宅総合保険と
ほぼ同じです。普通火災保険と比較すると、店舗総合保険のほうが幅広い補償を受けられます。

団地保険
鉄筋コンクリート造りの団地やマンションとに住んでいる方が対象で、建物の保障はなく、家財を補償しています。補償内容は、
住宅総合保険とほぼ同じです。団地やマンションに多い水漏れによる損害賠償なども補償されます。

長期総合保険
積立型の火災保険で、満期日に満期返戻金があります。一般的な保険期間は3~10年程度で、補償範囲は住宅総合保険とほぼ同じです。

SponsoredLink

火災保険の補償内容 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 火災保険 > 火災保険の補償内容

PartsLinks

Return to page top