Home > 傷害保険 > 傷害保険の基礎知識

傷害保険の基礎知識

傷害保険とは

傷害保険は加入することで、契約者やその家族にぴったりの保障内容を付けることができるので暮らしに安心感をもたらすことが出来ますし、傷害保険の保険金によって、ケガをした後も安定したまま生活を保つことが出来ます。

傷害保険と生命保険の違い

傷害保険と生命保険の違いは明確で、保険の適用範囲がそれぞれ異なります。傷害保険は傷害を対象に保険金が支払われます。
傷害とは偶然起きた事故による怪我・死亡を示すものですので、傷害保険の適用範囲に病気は含まれません。

一方の生命保険の適用範囲は、人の生死が基準ですので、病気も含まれます。傷害保険も生命保険も、それぞれ、基本的な保険部分とオプションとして付帯する特約部分とに分かれています。

皆様も一度は、空港の待合室に置いてある保険の自動販売機を、目にしたことがあるのではないでしょうか?この商品も、傷害保険の一種で、海外旅行保険といいます。

傷害保険の特徴

傷害保険の特徴のひとつに、保険料の判断基準が、被保険者の業種・職種に限定されることが挙げられます。そのため一般的な生命保険のように、年齢を理由に加入を断わられることがありません。傷害保険は、あくまでもケガに対する補償を目的に掛けられる保険なので、健康状態を問われることもまずありません。傷害保険は、補償の範囲や、期間なども細かく設定できるので、より自分に適した傷害保険を必要と感じたときから必要な分だけ掛けられます。

傷害保険には、さまざまな特約があります。傷害保険特約は、各社によって商品名も変わるので、似たような商品名や区分であっても、補償される範囲を確認しておく必要があります。例えば、普通傷害保険と言っても、補償の範囲がそれぞれの保険会社で扱う普通傷害保険によって異なるので、傷害保険契約をした際には、必ず傷害保険の種類や、傷害保険の適用範囲などを細かくチェックしておくと良いかと思います。また、最近になって、傷害保険の特約に賠償責任を含むものも増えてきました。

傷害保険は、ケガ・傷害などについて、さまざまな場面で私たちを助けてくれます。また、傷害保険は税制面でも優遇措置があり、所得控除の対象にもなっていますので、確定申告をすることで、一部または全額を還付することも出来ます。また、通院や入院によって受け取った傷害保険金も非課税(一時所得)であるため、傷害保険金から所得税を差し引かれることもありません。

SponsoredLink

傷害保険の基礎知識 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 傷害保険 > 傷害保険の基礎知識

PartsLinks

Return to page top