Home > 傷害保険 > 傷害保険の種類

傷害保険の種類

傷害総合保険

傷害総合保険は、国内・国外を問わず、家庭内、職場内、通勤途上、旅行中など、日常生活におけるほとんどすべての事故による傷害を補償するとともに、日常生活における賠償責任、生活用動産の損害、携行品・預かり品の損害など、ケガのみならず、毎日の生活を総合的に補償します。
つまり傷害総合保険は普通傷害保険の補償に加え、傷害事故によって介護が必要となった場合に終身補償する介護保険金、および犯罪被害で死亡した場合等に逸失利益や精神的損害等を補償する被害補償金など、総合的に補償する傷害保険です。

一般的な補償内容

ケガ
死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金、生涯医療費用保険金、介護保険金

その他
身の回りの品(携行品)、個人賠償責任

選択できる特約
家財(住宅内生活用動産)、救援者費用、キャンセル費用、受託品賠償責任、ホールインワン・アルバトロス費用、借家人賠償責任、交通事故傷害倍額補償、特定感染症危険の補償

普通傷害保険

普通傷害保険は被保険者が、日本国内または国外において、急激かつ偶然な外来の事故によって身体に傷害を被った場合に保険金を支払う保険を指します。
普通傷害保険は、被保険者ご本人のみ有効な傷害保険ですが、傷害保険の対象範囲を、特約としてご家族まで広げると「家族傷害保険」と呼び名が変わります。
普通傷害保険の場合、事故が起きた場所は問いません
国内・国外を問わず、家庭内、職場内、通勤途上、旅行中など、日常生活におけるほとんどすべての事故による傷害を補償する基本的な傷害保険です。
ケガで病院にかかった場合、通院や入院日数によって、日計算で傷害保険の保険金が決定します。
万が一、傷害保険の被保険者に重度の障害が残ったり、死亡されたりした場合には、死亡・高度障害保険金が支払われます。
一般的に「傷害保険」と言うと「普通傷害保険」を指し、一番ポピュラーで基本となる傷害保険です。

保険金の種類
死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、手術保険金および通院保険金

特約により臨時費用、損害賠償責任、遭難捜索費用に対しても保険金が支払われます。積立に係る機能をこの保険に持たせ、保険期間を3年から20年の長期に設定した積立普通傷害保険もあります。また仕事中など補償内容が広いが、リスクにより1級職種・2級職種・3級職種に分類され、保険料率が違います。

家族傷害保険

家族傷害保険は1契約で自動的に家族全員が被保険者となり、日常生活におけるほとんどすべての事故による傷害を補償する保険です。
本人のほか、配偶者、本人または配偶者と生計を共にする同居の親族および別居の未婚の子が自動的に被保険者になります。

家族傷害保険は、1枚の保険証券で、家族全員の傷害事故と日常生活での賠償責任事故が補償される保険です。交通事故、仕事中、旅行中、レジャー・スポーツ中、家庭内でのケガまで補償される保険です。また、飼い犬が他人にかみついた、買い物中に誤って陳列商品を壊したなどのため、
法律上の損害賠償責任を負った場合の補償もついています。

支払われる保険金
死亡保険金、後遺障害保険金、手術保険金、入院保険金、通院保険金、賠償責任保険金

保険金が支払われる場合
(1)傷害事故
※急激かつ偶然な外来の事故(転倒、交通事故などの外的要因による事故)による傷害に対して保険金が支払われます。
※交通事故、職場内・家庭内・旅行中・レジャー中・スポーツ中のケガやお子様の学校内でのケガなどについて補償。
(2)賠償責任事故
国内で生じた偶然な事故により、次のような法律上の損害賠償責任を負った場合。
・住宅の所有・使用・管理に起因する偶然な事故による損害賠償責任
・日常生活に起因する偶然な事故による損害賠償責任

保険金が支払われない場合
・保険契約者、被保険者や保険金受取人の故意によるケガ
・ケンカ、自殺、犯罪行為によるケガ
・無免許運転、酒酔運転などや、試運転、訓練、競技、興行のため道路外で乗り物に搭乗している間のケガ
・麻薬等を使用しての運転によるケガ
・地震、噴火、津波によるケガ
・ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、ハンググライダー操縦、リュージュ、ボブスレーなど危険な運動中のケガ
・自動車競技選手、オートバイ競争選手、プロボクサー等の特に危険度の高い職業に従事している間に生じたケガ

交通事故傷害保険

交通事故傷害保険は、普通傷害保険の補償内容を交通事故のケースのみに限定したものです。
ですので、国内・国外を問わず、被保険者が交通事故および建物または交通乗用具の火災により被る傷害を補償します。
この交通事故傷害保険の場合にも、傷害保険の範囲を家族にまで特約として拡張することも可能です。

交通事故傷害保険と言うと、自動車に乗っていない場合は、補償が受けられないイメージもあるかも知れませんが、移動の際に起きた事故が、傷害保険の範囲となっています。徒歩・自転車での移動中の事故の場合も、交通事故傷害保険の適用範囲になります。
また、駅の改札の内部で起きたケガも補償内容となっています。

ファミリー交通傷害保険

ファミリー交通傷害保険は、1契約で自動的に家族全員が被保険者となり、交通事故傷害保険と同様の傷害を補償する保険です。
※被保険者の範囲は、家族傷害保険と同様です。

こども総合保険

こども総合保険は、19歳未満を被保険者とし、国内、国外を問わず家庭内、学校内、通学途中など、ほとんどすべての事故による傷害を補償します。
また、扶養者が事故によって後遺障害を被ったり、死亡した場合の育英費用、日常生活における賠償責任も補償します。

夫婦ペア総合保険

夫婦ペア総合保険は、夫婦が対象で、国内外での各種傷害(夫婦2人で1つの死亡・後遺障害保険金額を共有)、携行品損害、生計維持者死亡等特別担保、家事労働費用、賠償損害

自転車総合保険

自転車総合保険は自転車事故による賠償、国内での、自転車に関連した傷害に対して普通傷害と同等の補償が受けられます。

SponsoredLink

傷害保険の種類 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 傷害保険 > 傷害保険の種類

PartsLinks

Return to page top