Home > 傷害保険 > 特別な種類の傷害保険

特別な種類の傷害保険

特別な傷害保険

傷害保険の特殊な種類として、ゴルファー傷害保険が挙げられます。補償内容補償内容の重点が異なる傷害保険の多くは、保険期間が一定期間である傷害保険商品がほとんどです。スポーツ傷害保険、レジャー傷害保険などが、このタイプの傷害保険の分類に該当します。

傷害保険の中でも特殊なゴルファー傷害保険の補償内容は、普通傷害保険の内容に加えて、ホールインワン保険の内容を加味しているものが多いです。
このように、スポーツ傷害保険には、それぞれのスポーツに特化した補償内容を備えている傷害保険も数多くあります。
危険なスポーツや、不慣れなスポーツをする際は、必要に応じて、これらの傷害保険を選択してゆくと良いでしょう。

スポーツ傷害保険も、普通傷害保険と同じように、危険度に応じて掛け金が変わってゆく場合が多いので、それぞれのスポーツの危険度に応じて、傷害保険の保険料額も変化します。なお、普通傷害保険をかけた保険会社によっては、特約として差額(追加料金)のみの支払いで応じてくれる場合もあります。レジャー傷害保険もまた、スポーツ傷害保険と同様の取り扱いをする保険会社がほとんどです。
登山・ボブスレーなど危険性のともなうレジャーについては、普通傷害保険であっても、傷害保険の保険特約とみなす保険会社が多いです。

スポーツやレジャーのための傷害保険

レジャー保険には、レジャー中に起こるケガ、賠償責任に対応する補償、救援費用や物品の盗難などを補償します。
レジャー保険という名前の保険商品はあまりありませんが、レジャーの種類ごとに普通傷害保険にさまざまな特約を付けて商品化した保険があります。

専用の保険一例
・テニス 〈テニス保険〉
・釣り 〈つり保険〉
・ゴルフ 〈ゴルファー保険〉
・ウインタースポーツ 〈スキー・スケート・スノーボード総合保険〉
・キャンプなど 〈アウトドア保険〉
・旅行 〈国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険〉など
※それぞれ、保険会社によって名称が異なる場合があります。

スポーツ保険やレジャー保険の現状と必要さ

最近では、テニス保険やつり保険、自転車保険またはレジャー保険などの販売を中止している損害保険会社が増えています。
これとは逆に、代用商品として傷害総合保険などで賠償やケガ、携行品などの補償をカスタマイズできるようになっています。 ただし、そのスポーツ専用の補償というわけではないので、これらの保険に切り替えをすると、日常生活全般が対象などの理由で保険料が高くなってしまうようです。

保険が必要であるかどうかは人によって考え方、価値観が異なりますから一概には言えませんが、重複している補償がないかどうかは必ず確認しましょう。例えばスキー・スノーボード保険において付帯されている補償は主には下記の3つです。
・他人(第三者に対する損害賠償)
・自分のスキー・スノーボードの用品損害
・自分自身のケガの補償
これらの補償が3つとも必要で保険加入を考えているのか、この中の一部の補償が必要かによってどのように対処するのか、どの保険に加入するのかも変わってきます。

スポーツ専用、レジャー保険の代わりになる保険は?

傷害総合保険に加入してもいいが、以前に加入したスキー・スノーボード保険より割高だし年間にそんなに回数も行かないという人も多いのではないでしょうか。

これに代用できる保険は国内旅行傷害保険です。また、行き先が海外であれば海外旅行保険で代用できます。これらの旅行保険は、旅行中(例えばスキー・スノーボードに行っている最中)における補償がついています。 ケガの補償はもちろん、特約等で損害賠償補償・用品損害・個人賠償責任特約なども補償することが可能です。
また旅行保険なので保険期間は家を出てから帰宅するまでの旅行期間で設定します。

SponsoredLink

特別な種類の傷害保険 に関連する情報

SponsoredLink

Home > 傷害保険 > 特別な種類の傷害保険

PartsLinks

Return to page top