Home > ペット保険 > ペット保険の保険料

ペット保険の保険料

ペット保険の保険料

ペット保険の保険料がいくらくらいになるのかはペットの種類や年齢によっても変わってきますが、ペット保険のタイプによっても変わってきます。

ペット保険には、定額保障型のものと定率保障型のものがあります。それぞれの保障型のタイプや定額の金額や定率の割合によって保険料は変わってきます。定額の補償額を高くしたり、補償率が上ればそれだけ保険料は高くなります。また、ペットの年齢が上がればそれだけ保険料が高くなります。ペット保険の掛け金は最初に加入した際の掛け金がそのまま続く場合もありますが、契約よっては更新時に見直しが行われる場合もあります。

犬や猫の場合、最低金額で月々約1800円以上くらいからペット保険を選べますが、ペットの年齢や種類、血統、体重等によっても保険料は変わってきます。

ペット保険の中には掛け捨てではなく、ペットが一定期間健康な状態を維持し、ペット保険の利用をすることがなかった場合に保険料戻ってくるものも用意されています。また、加入期間に応じて払戻金を受け取ることができるペット保険もあります。

ペット保険の中にはペットの通院や治療の際の補償は受けられないタイプのもので、入院や手術、葬祭保険金、高度後遺障害の補償のみが付くタイプのものや、反対に手術の際には補償を受けられない代わりに通院や入院の際に補償を受けることができるタイプのものあります。
こうしたペット保険の場合は、通院、入院、手術などを全般的に保障してくれるペット保険に比べて保険料は割安になっています。
ペット保険のプランには加入後に変更することができるものが多くなっています。

ペット保険の割引

ペットを飼育している方の中には、1頭(または1匹)だけではなく多頭(複数匹)を飼育している方も多いと思います。
1頭だけの場合と比べて多頭でペット保険に加入されることで、ペットの数に応じて保険料の割引を受けることができます。
その場合の割引率はペット保険の会社によって変わってくるものになっていますが、数パーセントから高くても5パーセントくらいの割引率になっています。ただし、ペットが犬と猫の場合や、犬とウサギの場合のように動物の種類が違う場合には、多頭割引が受けられないことが多くなっています。

また、犬や猫の場合には、去勢や避妊手術がなされている場合には、保険料の割引を受けることができるペット保険もあります。ほかにもマイクロチップが装着されている場合には、保険料の割引を受けることができるペット保険もあります。これらの割引率は5パーセント程度のものが多いです。

ペット保険は月払いもできますが、年払いをすることもできます。保険料を年払いにすることで保険料の割引を受けられます。
また、ペット保険に継続的に加入していることで、次年度から継続割引を受けられる割引もあります。

保険会社によっては、福祉割引という名で、生計を共にする家族の人が身体障害者手帳や療育手帳、精神障害福祉手帳などを持っている場合、割引されることがあります。聴導犬や盲導犬などのペット保険加入を検討しているのであれば、こうした割引制度のあるペット保険がおすすめです。

SponsoredLink

ペット保険の保険料 に関連する情報

SponsoredLink

Home > ペット保険 > ペット保険の保険料

Return to page top