Home > ペット保険 > ペット保険の制限

ペット保険の制限

動物病院の制限

人間の保険の場合は、健康保険証を利用することにより、3割の負担で日本全国どの病院であっても保険対象治療であれば、治療を受けることができるようになっています。
ペット保険を利用することで、どの動物病院であっても利用することができるのかどうかについて解説していきたいと思います。

保険会社によって、若干の違いが出てきてしまいますが、基本的には日本国内の動物病院での治療であれば、補償を受けることができます。
なので、ペット保険に加入した後でもいつもと同じ動物病院で治療を受られます。

ペット保険は、基本的には治療後に申請することによって補償が受けられますが、ペット保険の種類やプランによっては、治療時の精算時に補償額分の割引を受けることができます。
治療時に補償を受けるためには、治療を受けた動物病院がペット保険の契約病院である必要があるので、そういった補償を受けたい場合には、かかりつけの動物病院が加入予定のペット保険の契約病院であるのかどうかということについて調べておく必要があります。

また、大手のペットショップの中にはペットショップ独自のペット保険を設けているところもあります。このケースではペットショップが経営している動物病院で診療を受ける必要があるので、動物病院にかなり限りが多くなってしまいますが、月に何度か系列病院の先生がペットショップを巡回して診療していることが多く、小さい頃から診ている先生に診療をしてもらえるなどというメリットがあります。

ペット保険の加入審査や加入条件

ペット保険に加入するためには、動物の種類やペットの年齢のほかにもいくつか条件があります。第一に、人間の保険と同じように保険に加入する時点でペットが健康である必要があります。また、保険会社が挙げる特定疾患にかかったことがあるペットについては加入できない場合もあるので、過去に病気にかかったことがある場合には、事前に保険会社に相談したほうがいいでしょう。特定疾患にはフィラリア感染症や心疾患、突発性てんかん、悪性腫瘍、猫白血病ウイルス感染症などが含まれています。その他、治癒の可能性のある病気にかかってしまっている場合には、病気の完治後にペット保険の会社に連絡すれば、ペット保険に加入できる場合があります。

ほかにも、犬や猫の場合には、それぞれペット保険の会社が条件に挙げている予防接種を受けていることが加入条件になっています。加入条件と
なっている予防接種は、すべての犬猫に予防接種が義務付けられているワクチン類のほとんどです。

保険会社やペットの加入時の年齢によっては、動物病院の診断書が加入時に必要になる場合もあります。また、加入時にすべてのペットに動物病院での診断を義務付けているところもあります。

加入審査については、これら加入条件が満たされているか否かを判断する程度なので、過去によほど大きな病気をしたペットや病気・ケガの治療中であるペット、対象外の種類のペット以外は特に問題はありません。

ペット保険の補償対象外の診療・治療

ペット保険の多くは病気やもしもの事故の治療、入院に対応してますが、予防接種などの診療、治療等については補償対象外となっています。
特に犬や猫を飼育している場合には、ワクチンなどの接種とともに、去勢や避妊手術などをされる方も多いことでしょうが、ペット保険ではワクチンの接種やフィラリアなどの検査や去勢、避妊手術などの補償を受けることはできません。
ペットの妊娠・出産による費用も正常な妊娠・出産の場合には補償対象外となります。
ほかにも健康診断や血液検査、先天的な異常、保険加入以前からの既往症、往診費用や夜間・休日の診療費、安楽死等のための費用なども補償対象外になっています。

ペット保険では、基本的にケガや病気の際の診療や治療が補償対象になりますが、予防可能な病気の場合、しっかりとした予防がなされていなかった(例えば予防接種が必要な病気なのに予防接種を一切受けさせていなかった場合など)と判断された場合には補償を受けられないことがあります。

ペット保険でも、人間の保険と同じように故意によるケガや疾患では補償を受けることはできません。また、自然災害によってペットがケガなどをしてしまった場合も補償を受けることができません。

SponsoredLink

ペット保険の制限 に関連する情報

SponsoredLink

Home > ペット保険 > ペット保険の制限

Return to page top