Home > ペット保険 > ペット保険の補償内容

ペット保険の補償内容

ペット保険の補償内容

ペット保険では、主にペットの病気やもしもの場合のケガの際の診療や治療、入院費用などが補償されます。
ペット保険の補償は終身保障になっているところがいですが、ペット保険の会社によっては、年齢に制限がある場合もあります。
制限がある場合でもその動物の寿命と言われている年齢よりも高めの年齢まで補償される場合が多いです。
また、終身保障に加入するには一定年齢までにペット保険に加入している必要がある場合もあります。

ペット保険の補償内容には、ペットの病気やケガによる通院時の診療、治療費用、入院費用、手術費用、薬剤費用などがあります。
それぞれ人間の保険と同じように支払い限度額や年間の利用限度日数などがあります。

ペットが病気や事故などによるケガで通院したり入院したりする場合には、1日目から補償されるペット保険が多くなっています。
また、普通の病気とは別にガンの補償を用意しているペット保険も多くなっています。ガンに限らず、病気の場合はペット保険加入後一定期間の間は補償対象外になっている場合があります。ただし、ケガの場合には、加入の初日から補償されます。
ほかにも、ペットが誰かに噛みついたり誰かのものを壊してしまったりした際の賠償責任補償が付いているペット保険や特約として付けることができるペット保険もあります。

また、ペット保険の中には、ペットの葬儀費用として保険金が支払われるものも用意されています。
ペットが亡くなられた後、その死骸を放置することは行政によっても許されていないので、できるだけ早く埋葬することになります。
小動物などの小さなペットの場合は土葬していただくこともできますが、犬や猫の場合には自治体かペットの火葬業者の方に火葬を依頼します。
その際にはペットの大きさに応じて葬儀代がかかることになりますので、こうした補償も検討されるといいと思います。

ペット保険の補償タイプ

ペット保険にはさまざまなプランが用意されていますが、大きく分けて定額保障型と定率保障型の2つのプランがあります。

定額保障型のペット保険は、治療や入院、手術等を受けた際に、あらかじめ決められている定額が支払われます。例えば、入院1日につき5000円の補償と決められていれば、毎回治療費の実費を上限として定額まで支払われることになります。
この補償の価格が高ければ高いほど保険料は高めに設定されます。定額保障型のプランは実費補償型と呼ばれることもあります。
定額保障型の場合には、かかった費用が定額よりも高かった場合には、その差額を自費で支払うことになりますが、1日の補償額内であれば、自己負担額がゼロになります。定額保障型のデメリットとしては、治療後、治療内容などが記載された診断書等を保険会社に送り、後日保険金を受け取ることが多くなっていますので、保険金を受け取るまである程度時間がかかってしまうことです。

定率保障型のペット保険は、治療や入院、手術等を受けた際に、あらかじめ決められている定率分だけ補償を受けることができます。
例えば、入院の際の補償が50%に決められている場合、入院1日5000円が実費としてかかった場合には、その50%である2500円分が補償されます。
定率保障の場合には、最高限度額というものが決められていますが、手術費用など治療費が高くかかってしまった場合には、定額保障よりも高い補償を受けることができるようになっています。定率保障型の場合には、それぞれのペット保険の会社と契約している動物病院であれば、治療後、治療費を支払う際にその場で治療費から定率分を差し引いてもらうことができますので、かかりつけの動物病院が契約しているペット保険の会社があれば、定率保障型のペット保険を選ぶといいと思います。

どちらのタイプでも保険会社やプランによって決められている日額補償制限や年間の日数制限などがありますので、よくご確認してください。

SponsoredLink

ペット保険の補償内容 に関連する情報

SponsoredLink

Home > ペット保険 > ペット保険の補償内容

Return to page top