Home

保険情報ポータル

海外旅行保険の基礎知識

海外旅行保険について

海外旅行に行く際に忘れてはならないものとして、パスポートや海外旅行保険を挙げることができます。
パスポートは海外旅行に行かれる際には必需品なので、問題はないとしても、海外旅行保険は、加入を忘れがちな方も多いと思います。
特に数日程度のアジアの近場への旅行の場合、おそらく何事もないだろうから大丈夫だろうと考えて、海外旅行保険に加入せずに旅行に行く方も多いのではないかと思います。
しかし、海外では健康保険が使えないなどのリスクが多く存在します。
最近では、損害保険会社の提供している海外旅行保険だけではなく、クレジットカード付帯の海外旅行保険も増えてきているので、旅行や同行者、目的地などと照らし合わせて上手に組み合わせて利用することができると思います。

また、海外旅行の出発の直前まで申込みができる海外旅行保険も増えてきているので、なかなか海外旅行保険に申し込む時間がないという場合でも空港に早めに行って申込めるようになってきます。

海外旅行の場合、旅先の国は文化も言葉も違う異国になるので、トラブルに備えてしっかりと準備をしておくことはとても大切です。特に、小さなお子様やご高齢の方と一緒に旅行する場合には、旅先で何かトラブルがあっても慌てることのないように、加入した海外旅行損害保険やクレジットカード会社の連絡先などをしっかりと控えておきましょう。
全文を読む

ペット保険の保険料

ペット保険の保険料

ペット保険の保険料がいくらくらいになるのかはペットの種類や年齢によっても変わってきますが、ペット保険のタイプによっても変わってきます。

ペット保険には、定額保障型のものと定率保障型のものがあります。それぞれの保障型のタイプや定額の金額や定率の割合によって保険料は変わってきます。定額の補償額を高くしたり、補償率が上ればそれだけ保険料は高くなります。また、ペットの年齢が上がればそれだけ保険料が高くなります。ペット保険の掛け金は最初に加入した際の掛け金がそのまま続く場合もありますが、契約よっては更新時に見直しが行われる場合もあります。

犬や猫の場合、最低金額で月々約1800円以上くらいからペット保険を選べますが、ペットの年齢や種類、血統、体重等によっても保険料は変わってきます。

ペット保険の中には掛け捨てではなく、ペットが一定期間健康な状態を維持し、ペット保険の利用をすることがなかった場合に保険料戻ってくるものも用意されています。また、加入期間に応じて払戻金を受け取ることができるペット保険もあります。

ペット保険の中にはペットの通院や治療の際の補償は受けられないタイプのもので、入院や手術、葬祭保険金、高度後遺障害の補償のみが付くタイプのものや、反対に手術の際には補償を受けられない代わりに通院や入院の際に補償を受けることができるタイプのものあります。
こうしたペット保険の場合は、通院、入院、手術などを全般的に保障してくれるペット保険に比べて保険料は割安になっています。
ペット保険のプランには加入後に変更することができるものが多くなっています。
全文を読む

ペット保険の制限

動物病院の制限

人間の保険の場合は、健康保険証を利用することにより、3割の負担で日本全国どの病院であっても保険対象治療であれば、治療を受けることができるようになっています。
ペット保険を利用することで、どの動物病院であっても利用することができるのかどうかについて解説していきたいと思います。

保険会社によって、若干の違いが出てきてしまいますが、基本的には日本国内の動物病院での治療であれば、補償を受けることができます。
なので、ペット保険に加入した後でもいつもと同じ動物病院で治療を受られます。

ペット保険は、基本的には治療後に申請することによって補償が受けられますが、ペット保険の種類やプランによっては、治療時の精算時に補償額分の割引を受けることができます。
治療時に補償を受けるためには、治療を受けた動物病院がペット保険の契約病院である必要があるので、そういった補償を受けたい場合には、かかりつけの動物病院が加入予定のペット保険の契約病院であるのかどうかということについて調べておく必要があります。

また、大手のペットショップの中にはペットショップ独自のペット保険を設けているところもあります。このケースではペットショップが経営している動物病院で診療を受ける必要があるので、動物病院にかなり限りが多くなってしまいますが、月に何度か系列病院の先生がペットショップを巡回して診療していることが多く、小さい頃から診ている先生に診療をしてもらえるなどというメリットがあります。
全文を読む

ペット保険の補償内容

ペット保険の補償内容

ペット保険では、主にペットの病気やもしもの場合のケガの際の診療や治療、入院費用などが補償されます。
ペット保険の補償は終身保障になっているところがいですが、ペット保険の会社によっては、年齢に制限がある場合もあります。
制限がある場合でもその動物の寿命と言われている年齢よりも高めの年齢まで補償される場合が多いです。
また、終身保障に加入するには一定年齢までにペット保険に加入している必要がある場合もあります。

ペット保険の補償内容には、ペットの病気やケガによる通院時の診療、治療費用、入院費用、手術費用、薬剤費用などがあります。
それぞれ人間の保険と同じように支払い限度額や年間の利用限度日数などがあります。

ペットが病気や事故などによるケガで通院したり入院したりする場合には、1日目から補償されるペット保険が多くなっています。
また、普通の病気とは別にガンの補償を用意しているペット保険も多くなっています。ガンに限らず、病気の場合はペット保険加入後一定期間の間は補償対象外になっている場合があります。ただし、ケガの場合には、加入の初日から補償されます。
ほかにも、ペットが誰かに噛みついたり誰かのものを壊してしまったりした際の賠償責任補償が付いているペット保険や特約として付けることができるペット保険もあります。

また、ペット保険の中には、ペットの葬儀費用として保険金が支払われるものも用意されています。
ペットが亡くなられた後、その死骸を放置することは行政によっても許されていないので、できるだけ早く埋葬することになります。
小動物などの小さなペットの場合は土葬していただくこともできますが、犬や猫の場合には自治体かペットの火葬業者の方に火葬を依頼します。
その際にはペットの大きさに応じて葬儀代がかかることになりますので、こうした補償も検討されるといいと思います。
全文を読む

ペット保険の基礎知識

ペット保険とは

可愛い愛犬や愛猫などのペットが事故に合ってしまったり、加齢とともに何かの病気が発症してしまったりしたときに、人間とは違い保険証がない分、治療費をすべて実費で支払わなければならないのは、経済的にかなりの負担になります。

実際にペットが老犬になって、初めてペットの治療にかかる費用やペット保険について考える方も多いのではないでしょうか?ペットはどうしても人よりは早く年をとってしまうものなので、ペットの老後についてまでよく考えてあげることがとても大切です。
小さなころからかかりつけの動物病院を決めておくとともに、ペット保険の加入についてもよく考えておくとよいと思います。

実際にペット保険について加入をお考えになられても、どういったペット保険を選べばよいものか悩んでしまうと思います。保険会社によって、治療費の補償額やシステム、プランなどが違いますし、加入することができるペットの種類も様々です。また、ペットの年齢によっては加入することができない場合やペット保険によっては保険の更新をすることができないこともあるので、よく注意して加入しましょう。これからペット保険のシステムやペット保険に加入するための条件、ペット保険にかかる費用などについてさらに詳しく解説していきます。
全文を読む

傷害保険の注意点

傷害保険に加入する際の注意点

傷害保険は、急激・偶然・外来の事故で傷害を被り、その結果、入院・通院したり、後遺障害が生じたり、死亡した場合に保険金が支払われる保険です。
死亡保険金・後遺障害保険金・入院保険金・通院保険金などが支払われますが、自分の目的に合ったものを選ぶために以下の3点をよく整理しましょう。

どのような事故を対象にするのか? また、いくらの補償が必要なのか?
・日常生活上で生じるケガ
・交通事故によるケガ
・旅行中(国内や海外)のケガやその他のアクシデント
・職場での業務中のケガ
・趣味やスポーツ、レクリェーション等の活動中のケガ
・ケガや病気で働けなくなった時の所得の減少に備える

誰を保険の対象にするのか?
・自分
・家族
・夫婦
・生徒や学生、会員や団体員、行事参加者、従業員など

その他の特約や目的は?
・ケガだけではなく、携行品の損害や賠償責任に対する補償も必要なのか
・他の保険商品とセットで契約したいのか
・長期(3年~5年)の積立型で契約したいのか

「各保険金の説明」
死亡・後遺障害保険金
傷害により死亡した場合に死亡保険金をお支払いします。
また、傷害により、後遺障害が生じた場合にその後遺障害の程度に応じた保険金をお支払いします。
入院保険金
通院保険金 傷害により平常の業務または生活ができなくなり、入院、通院などした場合に保険金をお支払いします。

傷害保険について相談する際には、例えば「予算5千円で、加入料はなし。個人向けで。サッカーをやっているので、練習中も補償されるプランで」など、具体的な(予算)傷害保険料額・傷害保険の適用範囲・傷害保険特約が必要になりそうな際には、特に強調しておかなければいけない点などをまとめておきましょう。
全文を読む

傷害保険の保険料

傷害保険の保険料について

傷害保険をかけるときは、保険会社か代理店及び共済などで手続きします。傷害保険は、単独の傷害保険としての商品もありますが、プランとしてあらかじめパターンが決まっている場合が多いので、各保険会社の資料をよく比較し、それぞれの生活に見合った傷害保険を選ぶことが重要になります。
全文を読む

特別な種類の傷害保険

特別な傷害保険

傷害保険の特殊な種類として、ゴルファー傷害保険が挙げられます。補償内容補償内容の重点が異なる傷害保険の多くは、保険期間が一定期間である傷害保険商品がほとんどです。スポーツ傷害保険、レジャー傷害保険などが、このタイプの傷害保険の分類に該当します。

傷害保険の中でも特殊なゴルファー傷害保険の補償内容は、普通傷害保険の内容に加えて、ホールインワン保険の内容を加味しているものが多いです。
このように、スポーツ傷害保険には、それぞれのスポーツに特化した補償内容を備えている傷害保険も数多くあります。
危険なスポーツや、不慣れなスポーツをする際は、必要に応じて、これらの傷害保険を選択してゆくと良いでしょう。

スポーツ傷害保険も、普通傷害保険と同じように、危険度に応じて掛け金が変わってゆく場合が多いので、それぞれのスポーツの危険度に応じて、傷害保険の保険料額も変化します。なお、普通傷害保険をかけた保険会社によっては、特約として差額(追加料金)のみの支払いで応じてくれる場合もあります。レジャー傷害保険もまた、スポーツ傷害保険と同様の取り扱いをする保険会社がほとんどです。
登山・ボブスレーなど危険性のともなうレジャーについては、普通傷害保険であっても、傷害保険の保険特約とみなす保険会社が多いです。

全文を読む

傷害保険の種類

傷害総合保険

傷害総合保険は、国内・国外を問わず、家庭内、職場内、通勤途上、旅行中など、日常生活におけるほとんどすべての事故による傷害を補償するとともに、日常生活における賠償責任、生活用動産の損害、携行品・預かり品の損害など、ケガのみならず、毎日の生活を総合的に補償します。
つまり傷害総合保険は普通傷害保険の補償に加え、傷害事故によって介護が必要となった場合に終身補償する介護保険金、および犯罪被害で死亡した場合等に逸失利益や精神的損害等を補償する被害補償金など、総合的に補償する傷害保険です。

一般的な補償内容

ケガ
死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金、生涯医療費用保険金、介護保険金

その他
身の回りの品(携行品)、個人賠償責任

選択できる特約
家財(住宅内生活用動産)、救援者費用、キャンセル費用、受託品賠償責任、ホールインワン・アルバトロス費用、借家人賠償責任、交通事故傷害倍額補償、特定感染症危険の補償

全文を読む

傷害保険のすすめと選び方

傷害保険の魅力

傷害保険の一番の魅力は、特約によって自分にピッタリの保険を作ることができる点です。
傷害保険というと、家計に余裕がある人が入る保険ではないかと感じる方もいるかも知れませんが、傷害保険は、各損害保険の中では、お手軽なものです。
もちろん、それぞれのライフスタイルに合った傷害保険は、十人十色で、やみくもにお金を多くかけておけば安心ということではありません。
しかし、数百円からの傷害保険もあります。数百円で、安心を買うことが出来るのなら、お安い出費でないでしょか?

傷害保険の利用を考えない理由として、よくあがるのが収入が少ないという理由ですが、傷害保険は、こういう方にこそ、メリットがある保険だと思います。万が一、ケガや傷害を負ったときに貯金がなかったとしたら、医療費だけでなく生活費も、最悪の場合、借金でまかなわなければならなくなります。対応する傷害保険に加入していれば、この場合の医療費は、傷害保険金として給付されますし、所得補償保険を特約につけていれば、生活費もここからまかなえます。傷害保険はリスク回避のための、個人でとれる安全策のひとつです。
全文を読む

Page 10 of 35« First...6789101112131415...Last »

Home

PartsLinks

Return to page top