Home

保険情報ポータル

原付バイク、登録台数の5台に1台が無保険車

排気量50cc以下の原付バイクの無保険車率は、登録台数の2割に及ぶことが、国土交通省保障制度参事官室への取材でわかった。
50cc未満のバイクの登録台数は、区市町村でしか把握しておらず、同参事官室は総務省から全国の車両台数を取り寄せ、自賠責保険加入者数や無保険車の実績などから比率を割り出した。それによる全国の原付バイクの総数は、904万2122台。
全文を読む

ソニー損保が運転の癖を調べられるスマートフォンアプリ ドライバーズナビを公開

ソニー損害保険は2011年8月3日、自動車を運転する際の癖をドライバー自ら確認するための iOS アプリケーション「ドライバーズナビ」を発表した。iOS デバイスの GPS 機能と加速度センサーを利用し、安全運転の度合いや燃費などを調べられる。現在 iTunes App Store で無償ダウンロード提供中。iOS の対応バージョンは4.0以上。Android 版の開発については検討中という。
全文を読む

ソニー損保が事故や故障時の行動をサポートするアプリ、Android版の提供開始

ソニー損害保険は、事故をサポートするスマートフォン向け無料アプリ「トラブルナビ」のAndroid版の提供を開始した。アプリは加入保険会社にかかわらず無料でダウンロードできる。より多くのドライバーの「もしも」をサポートしていくとしている。
全文を読む

アクサ生命の年金原資保証の変額個人年金保険、北都銀行から販売

アクサ生命保険は8日、年金原資保証の変額個人年金保険「アクサの原資保証の投資型年金」(正式名称:変額個人年金保険(08)A 型)の販売提携行を拡大し、7月11日から北都銀行を通じて同商品の販売を開始すると発表した。これにより、年金原資保証の変額個人年金保険を取り扱う金融機関は、合計で11行となる。
全文を読む

東京海上、7月からインドで生保事業

 東京海上ホールディングス(東京海上)とインドの金融サービス会社エーデルワイス・キャピタル・リミテッド社 (ECL社)が合弁で設立した生命保険会社「エーデルワイス・トウキョウ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド」(ETL)は、7月1日に開業する。5月10日に営業免許を、6月10日に商品認可をインド当局から取得していた。ETLの開業で東京海上は、インドで損害保険事業と生命保険事業の双方を展開する日本で唯一の保険グループとなる。
全文を読む

三井ダイレクト、「MUJICOLOGY! プロジェクト」で無事故を目指す

三井ダイレクト損害保険は事故のないクルマ社会を目指す活動として、「MUJICOLOGY! プロジェクト」を開始した。
全文を読む

AIU保険、自動車保険料改定で高齢者の保険料引き上げへ

AIU保険は、自動車保険の保険料を2012年1月1日に改定すると発表した。

同社では当初、10月1日付けで総合自動車保険にも年齢層に応じた料率を導入するなど自動車保険の保険料の改定を予定していたが、東日本大震災の発生で被災地の保険契約者、代理店への十分な説明を行うため、実施を3か月延期することにした。
全文を読む

KDDIが保険業に参入、携帯ユーザー向け「au損保」開業

 au損害保険は、5月25日より、モバイルを主体とする損害保険会社として営業する。

 au損保は、KDDIとあいおいニッセイ同和損害保険との共同出資により2010年2月に設立され、1年後の2011年2月25日に損害保険業の免許を取得した。資本金総額は45億円(うち資本準備金が21億円)で、出資率はあいおいニッセイ同和損保が65%、KDDIが35%となる。
全文を読む

三井ダイレクト、7月からECO割引新設等の自動車保険の商品改定を実施

三井ダイレクト損害保険は25日、自動車保険の商品改定を実施すると発表した。「運転者本人限定特約」やハイブリッド車などを対象にした「ECO割引」などを新設する一方で、近年の事故発生状況を踏まえ保険料水準も見直した。
全文を読む

東日本巨大地震で遺体未発見でも死亡保険金 被災者に特例措置

 生命保険各社は、東日本巨大地震で被災して行方がわからず、死亡したとみられる場合、死亡保険金を支払う方針を固めた。
全文を読む

Page 2 of 3512345678910...Last »

Home

PartsLinks

Return to page top