Home

保険情報ポータル

生命保険の種類

生命保険の種類

終身保険
終身保険とは、死亡に対する保障が一生涯続く保険です。貯蓄性があり、解約すると所定の解約返戻金を受け取ることができます。

定期保険
定期保険とは、一定期間の間に死亡した場合に保険金を受け取れる保険です。一定の保険期間が終わると保障はなくなります。
貯蓄性がなく、終身保険より保険料が割安です。

逓増定期保険
逓増定期保険とは、保険料は一定で、保障額が一定の割合で年々増えてく保険です。通常の定期保険より保険料が高めです。会社経営者が節税などに利用することが多いです。

逓減定期保険
逓減定期保険とは、保険料は一定で、保障額が一定の割合で年々減っていく保険です。終身保険や定期保険に比べ保険料が割安です。
子供の成長に合わせた保障額などにするなど合理的に活用できます。

定期特約付終身保険
定期特約付終身保険とは、終身保険に定期保険を付保した保険のセットプランです。定期特約部分は10年更新型や60歳満期型などがあり、よく問題になる10年更新型のものは、本来10年ごとに保険を見直すことを前提に設計された保険です。

収入保障保険
収入保障保険とは、死亡保険金を年金形式で受け取ることができる保険です。家計の大黒柱が万が一の場合に給料感覚で保険金を受け取ることができます。
毎月の保険金額を選択するため保障額を設定しやすく、終身保険や定期保険に比べて保険料が割安です。

養老保険
養老保険とは、貯蓄性を重視している保険です。同じく貯蓄性のある終身保険に比べても貯蓄性が高く、その代わりに保険料は終身保険や定期保険に比べて高くなります。

定期特約付養老保険
定期特約付養老保険とは、養老保険に定期特約を付加した保険のセットプランです。定期付終身保険の主契約を養老保険に変えたものですが、定期特約付終身保険の方が一般的です。

変額保険
変額保険とは、保険金や解約したときに返ってくるお金が保険会社の運用実績に基づいて増減する保険です。ただし死亡保険金は一定額が保障されています。定期型と終身型があります。

個人年金保険
個人年金保険とは、老後の生活資金を確保するための保険です。運用成績によって受取額が変化する変額個人年金や、米ドルや豪ドル、ポンドなどの外貨で運用を行う外貨建個人年金もあります。

学資保険・子供保険
学資保険(子供保険)とは、教育資金を準備するための貯蓄型の保険です。子供の年齢が契約で決めた年齢になると祝い金として一時金が支払われます。

貯蓄保険
貯蓄保険とは、短期間の貯蓄を目的とした保険です。貯蓄のみであまり保険の機能を果たしません。最近ではあまり見かけない保険です。

三大疾病保険
三大疾病保険とは、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病により所定の状態になったときに、死亡保険金と同額の保険金を受け取れることができる保険です。三大疾病以外で亡くなった場合にも死亡保険金を受け取ることができます。

医療保険
医療保険とは、病気やケガで入院したり、所定の手術を受けた場合に給付金を受け取ることができる保険です。ガンや三大疾病の場合で一時金を受け取ることができる特約などもあります。

ガン保険
ガン保険とは、ガンにより入院したり、所定の手術を受けたときに給付金を受け取ることができる保険です。ガンの保障に特化した保険で、ガン以外の病気・ケガの入院・手術はガン保険では保障されません。

介護保険
介護保険とは、公的介護保険制度を補完する保険です。要介護状態になったときに介護一時金や介護年金を受け取ることができます。

生命保険とは

生命保険の基礎

生命保険はいざ加入しようとしたとき、多くの契約の種類があり迷うことが多いと思います。特に生命保険の専門用語がたくさん出てくると、生命保険自体がよくわからなくなってきてしまいます。
しかし、生命保険は、大きく分けることができ、下記の3つのタイプに区分することができます。

生命保険はこの基本の3タイプをベースにして、保険会社が様々な「特約=オプション」を組み合わせ、保障を提供しているのです。

  1. 死亡保険…被保険者(=保険加入者)が死亡あるいは高度な障害状態になった場合に、保険金が支払われます。特に万一のときに備えた保険といえます。
  2. 生存保険…契約してから一定の保険期間、あるいは満期まで生存していた場合に限り、保険金が支払われます。
    もし死亡した場合、保険金の支払いは行なわれません。保険金の支払いが必ずしも発生することではないのがポイントです。
  3. 生死混合保険…死亡保険と生存保険の特徴を合わせた保険です。死亡、高度障害になったときと、満期まで生存していたときの両方のケースで、保険金が支払われます。必ず保険金の支払いが発生するので、掛金が一番高く設定されています。一般的に個人の生命保険では、このタイプの保険商品が一番多くなっています。

全文を読む

チューリッヒ保険がiPhone/iPad向けアプリ『Z-Gate』、見積り・契約が可能

チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー ・リミテッド(以下チューリッヒ保険) 日本支店は25日、iPhone/iPadユーザー向けに、自動車保険の見積りと契約手続きができるアプリケーション『Z-Gate』を開発し、5月26 日からサービスを開始すると発表した。

チューリッヒ保険ではこれまで、顧客のニーズに応えるため、業界に先駆けて ITテクノロジーを駆使したさまざまなサービスを導入してきた。特にモバイルに関しては、「自動車保険の契約から事故・故障対応まで一貫したサービス提供しており、利用件数も順調に伸びている」(チューリッヒ保険)。

今回同社では、「近年の急激なスマートフォンのユーザー層の拡大に対応するため」とし、誰でも無料で利用できるアプリケーション「Z-Gate」を開発した。
全文を読む

車両保険

車両保険

車両保険とは、自動車同士の接触、衝突、盗難や自然災害、落書きなどのいたずらで、契約している車両に損害があった場合、保険金が支払われる自動車保険です。ここに含まれる自然災害には、洪水、台風、高潮などの他に、火災や爆発などの人的災害も
含まれています。

車両保険の契約保険金額は、所有している自動車の種類によって、設定できる範囲が決められています。自動車保険の加入者は、
その決められた範囲内で希望する金額を選ぶことで保険金額を決定します。このため、車両価格が100万円なのに保険金額が30万円などという、
かなり低い金額を定めたり、その逆に400万円という高額な設定もできません。あくまで、所有している自動車の価格に見合った保険金額の範囲内での、
自動車保険への加入となります。また、車のボンネットがへこんだり、フロントガラスが割れた場合などは、それを修理すれば運転するのに
支障がないので、このようなケースでは修理代のみが支払われます。

車両保険には、その補償内容によって、大きくわけて下記の4つの種類があり、車両保険の契約の種類と補償内容の関係は下記の表の通りになっています。
全文を読む

対物賠償保険

対物賠償保険

対物賠償保険とは、交通事故で他人の所有物である物に損害を与えて、損害賠償が発生したときに、保険金が支払われる自動車保険です。契約している自動車で、他人の建物や自動車あるいは、ガードレール、電柱などを壊したときが対象となります。
対人賠償保険が人に対しての補償であるのに対し、対物賠償保険は物への補償を目的とした自動車保険です。ただし、自動車保険の被保険者本人とその家族の所有物は、補償の対象外になります。

補償の対象外になる場合は、例えば、自宅の車庫入れのときに、誤って車庫を壊してしまった場合や家族の所有物であるバイクや自転車などに、ぶつかった場合などがあります。原則として、他人の所有物を壊して損害を与えてしまったときに、保険会社から保険金の支払いがあります。

対物賠償保険で保険金支払いの対象となる具体的な例には、下記のようなものがあります。

  • 建物の損害
  • 他人の車との衝突
  • ガードレール、街灯、電柱などへの衝突
  • 建物への飛び込みによる商品や製品の破損の補償
  • 自動車事故によって発生した休業補償
  • その他これに関連する損害の補償

このように対物賠償保険は、単に事故によって壊したものだけでなく、壊したものが原因で発生した賠償責任をもカバーする自動車保険になっています。

物を壊した場合は、壊した物自体に対する賠償はもちろん、それに関する営業補償や休業補償が付随して必要になってきます。このため、予想以上に多額の賠償金が発生することもありえますので、このことも考えて対物賠償保険の保険金額を検討しなければなりません。ちなみに、一般的な事故の損害額は、一般住宅の自動車の飛び込み事故だと、数百万円~一千万円程度、営業を行なっている工場や店舗への飛び込み事故では、一千数百万円~数千万円程度です。その他に、営業規模の大きな工場や店舗への飛び込みでは、1億円を超える賠償金が発生した例もあります。
なので、対物賠償保険の契約保険金額は一般的に無制限で契約することが多いです。

自損事故保険

自損事故保険

自損事故保険とは、自らの過失によって、自動車事故で死傷したときでも保険金が支払われる自動車保険です。
例えば、自動車同士の衝突事故で、100%本人の過失によってケガや、死亡した場合や、単独事故で建物やガードレールに接触して、死傷した場合などです。つまり、運転者にミスがあり、運転者が死傷したときに補償される自動車保険といえます。

通常は、対人賠償保険に付属した特約になっていますので、自損事故保険のみに加入するケースは少ないようです。ただし、対人賠償保険に加入するときは、一応、自損事故保険が付属しているかを、自動車保険会社に確認しておくのがよいでしょう。

自損事故保険の、具体的な補償内容は下記のようになっています。(保険会社によって、内容が異なっている場合もあります。)

  1. 死亡保険金…1,000万円~1,500万円が上限
  2. 医療保険金
    • 通院1日あたり…3,000円~4,000円
    • 入院1日あたり…5,000円~6,000円
  3. 後遺障害保険金…後遺障害の程度により、30万円~1,500万円の範囲内。ただし、常に介護が必要な場合は、別に規定があり、150万円~350万円程度上乗せされるのが一般的です。

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、自動車事故にあったときに相手側から、十分な賠償金を受け取れなかった場合に、それを補うための自動車保険です。
十分な賠償金が受け取れないケースには、下記のような場合があり、このようなケースにあてはまる自動車のことを、無保険車と呼んでいます。

  1. 相手側が加入している自動車保険が自賠責保険のみで、任意保険に未加入のとき
  2. 当て逃げ、ひき逃げなどで、賠償金を支払うべき加害者が特定できないとき
  3. 相手側の対人賠償保険の保険金額が、賠償額に達していないとき
  4. その他、加害者に契約条件に違反した事柄があり、自動車保険会社から保険金が支払われないとき

無保険車との事故では、自賠責のみの賠償金であったり、最悪の場合は当て逃げ、ひき逃げなどで、全く賠償金が見込めないこともあります。
このようなケースに備えて、賠償金の不足分が支払われる自動車保険が、無保険車傷害保険です。
現在では、自動車事故で死亡したときの賠償金は、1億円以上の場合も多いですが、一般ドライバーの対人賠償保険の加入率は70%前後にとどまっています。このような現状を考えると、無保険車傷害保険は十分検討しておく必要がある自動車保険といえます。無保険車傷害保険の補償内容は、相手側の自賠責保険や対人賠償保険から、支払われた保険金では賠償金に足りない場合に、その不足分のみが支払われます。

また、ひき逃げなどで相手が特定できないときに、政府保険事業制度から支払われる場合も、同様に不足分のみの支払いになります。
つまり、交通事故で死亡し、賠償金が1億4,000万円だった場合、相手側が、自賠責のみの加入であれば、
「1億4,000万円-3,000万円=1億1,000万円」、
相手側が自賠責+8,000万円の対人賠償保険の加入であれば、
「1億4,000万円-(3,000万円+8,000万円)=3,000万円」
の保険金の支払いとなります。
ただし、無保険車傷害保険の契約限度額は、本人が加入している対人賠償保険の保険金額と同額なのが一般的です。

なお、無保険車傷害保険にも、加入者本人のみが保険の対象になるもの、加入者とその家族が保険の対象になるものや、その他一定の条件にあてはまる場合だけ保険の対象になるものなど、いくつか違いがある場合があります。加入の際は、内容をよく確かめて加入してください。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険とは、補償の対象となる人が自動車に搭乗しているときや、歩行中に事故で死傷したときに、保険金が支払われる自動車保険です。
補償の対象となるのは、被保険者本人やその家族が含まれます。補償内容が同じ様な保険として、搭乗者傷害補償保険がありますが、人身傷害補償保険は、搭乗者傷害保険よりも補償額や補償の範囲が幅広くなっています。例えば、搭乗者傷害補償保険の一般的な補償額は1人あたり、1,000万円程度なのに対して、人身傷害補償保険は3,000万円から5,000万円ぐらいまでの保険金額の設定が可能な自動車保険です。補償範囲についても、搭乗者傷害補償保険ではあくまで保険をかけている自動車に搭乗している人のみ補償対象ですが、人身傷害補償保険では、他人の自動車に搭乗しているときや歩行中でも、補償対象になります。

人身傷害補償保険は、事故の過失(過失割合)に関係なく、損害が補償されます。例えば、自動車事故が起きて、
「自動車保険加入者Xさん…事故の過失(過失割合)が20%」、「事故の相手側…事故の過失(過失割合)が80%」、
「Xさんの損害額が3,000万円」の場合、相手からの賠償金額は、Xさんの過失割合が差し引かれ、
3,000万円×(100%-20%)=2,400万円
になり、人身傷害補償保険に加入していない場合、不足分は自己負担になります。一方、人身傷害補償保険では、Xさんの過失割合に関係なく、満額の「3,000万円-相手からの補償額」が自動車保険会社から支払われます。つまり、人身傷害補償保険の一番の特徴は、治療費や休業損害・精神的損害などを、自身の過失の有無にかかわらず保険金額の範囲内で保険金が支払われる実損払いということです。

人身傷害補償保険の契約の種類には、大きくわけて下記の2つがあります。

全補償型
自動車に乗っているときだけでなく、歩行中に死傷したときでも保険金が支払われます。
自動車事故全般の補償を希望する人に適した補償内容です。

限定補償型
補償の対象になる事故を、自動車搭乗中に絞り込んだ補償内容です。リスクがないものや、リスクが少ないものを補償の対象からはずすことができます。
歩行中に偶然自動車事故に巻き込まれる可能性が少ないので、自動車に搭乗しているときだけに限定する場合などに適しています。

搭乗者傷害補償保険

搭乗者傷害補償保険

搭乗者傷害補償保険とは、契約した自動車の搭乗者が死傷したときに、保険金が支払われる自動車保険です。補償の対象となる搭乗者には、運転者本人(被保険者)とその自動車(被保険自動車)に、同乗しているすべての人が含まれます。同乗者が運転者の家族や、友人知人であっても対象になります。

つまり、運転する自動車に搭乗者傷害補償保険をかけておけば、契約した自動車の搭乗者が死傷したときに、その自動車に乗っている全ての人に対して、補償があるということです。ただし、自動車保険加入者の故意による事故や、飲酒、無免許、薬中毒などによって死傷したとき、あるいは、トラックの荷台に乗っていたなど、通常の乗車方法でなかった場合は、補償の対象外になります。搭乗者傷害補償保険は、自動車事故の被害者になって、加害者側から自賠責や自動車保険の保険金が支払われたときでも、これらとは関係なく保険金が支払われます。
また、この搭乗者傷害補償保険では、保険金を請求しても自動車保険の等級が変わりません

搭乗者傷害補償保険の一般的な保険金の目安は、1人あたり1,000万円程度で、具体的な補償内容は下記の3つがあります。

  1. 死亡保険金…事故が起こった日から180日以内に、その事故によるケガが原因で、死亡した場合が対象になります。死亡した人、1人につき契約した保険金額が支払われます。シートベルトを着用していて、死亡した場合は一般的に契約保険金額の25%~30%が、上乗せされることが多いようです。
  2. 医療保険金…ケガの治療のために入院しときに、1日あたり15,000円まで。通院したときに、1日あたり10,000円までが支払われるタイプと、ケガの状態やケガをした箇所によって、決められた保険金が支払われるタイプの自動車保険があります。(支払われる保険金は、契約保険金額によって変わります。)
  3. 後遺障害保険金…事故が起こった日から180日以内に、その事故が原因で後遺障害になった場合が対象になります。後遺障害の違いによって、一定の割合の保険金が支払われます。特に、重症の後遺障害で介護の必要があるときは、契約金額の10%が上乗せされることが多いようです。

なお、搭乗者傷害補償保険と類似した自動車保険として、人身傷害補償保険がありますが、人身傷害補償保険の方が搭乗者傷害補償保険より、補償の内容が広範囲になっています。より広い補償を希望する方は、人身傷害補償保険を検討されるのもよいでしょう。

対人賠償保険

対人賠償保険

対人賠償保険とは交通事故で相手を死亡、あるいは、ケガをさせて損害賠償責任が発生したときに保険金が支払われる自動車保険です。
対人賠償保険で支払われる保険金は、損害賠償額が自賠責保険の支払い限度額を超える部分に対して支払われます。また、この保険の対象となる人は、第三者である他人で、対人(=第三者の他人以外)の、運転者本人や建物などは除かれます。

対人賠償保険の補償対象者は、加入者の自動車の同乗者、相手の自動車の運転者や同乗者、歩行者で、死亡またはケガをした場合に補償されます。
また、下記の人は補償の対象外になっています。

  1. 被保険者本人…対人賠償保険は、第三者の他人への賠償に対応するための保険なので、本人の死亡やケガには補償がありません。
  2. 被保険者の家族…加入者本人と同様に、同じ自動車に同乗している家族の事故や、加入者本人が運転中に家族にケガをさせたときは対象外です。
  3. 被保険者の承諾を得て運転した人…加入者本人の自動車を友人や知人が、本人の承諾を得て運転しているときに事故を起こしたときは、その運転者も補償はありません。加入者本人が同乗している場合も同様です。その他にも賠償の対象外となる事柄もあるので、保険会社に確認しましょう。

対人賠償保険で契約できる保険金額は、被害者1人に対して上限額を定めない無制限の契約と、上限額を定めた契約があります。
また、1件の事故に対する保険金の上限は、両方とも無制限になっています。つまり、1件の交通事故で複数の人が死傷した場合は、トータルの保険金の総額には上限がないことになります。対人賠償保険は自賠責保険で支払われる保険金額の不足分を補うのが、目的なので無制限に設定しておくのが一般的です。

自賠責保険の保険金額は、1人あたり、死亡事故で3,000万円、後遺障害で4,000万円、ケガで120万円が上限なので、最低限の補償しかありません。
もし、対人賠償保険に未加入の場合は、自賠責を超えた分に関しては、加害者が全て負担することになり、最近では対人事故の賠償金額が1億を超えることも多々あるのでしっかり加入しておきましょう。

Home

PartsLinks

Return to page top