ホーム > タグ > ノンフリート契約

ノンフリート契約

フリート契約

フリート契約とは、自動車および二輪車の合計10台以上の車両を一つの契約で保険加入することです。

通常は法人や企業を対象とした契約方式となっていて運送業者やタクシーなどはほとんどがこのフリート契約になっています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ノンフリート等級別料率表

ノンフリート等級による一般的な割引・割増率は以下の表の通りです。

更新の場合

等級 割引・割増率
20等級 60%割引
19等級 60%割引
18等級 60%割引
17等級 58~60%割引
16等級 58~60%割引
15等級 55%割引
14等級 55%割引
13等級 50%割引
12等級 50%割引
11等級 45%割引
10等級 40%割引
9等級 40%割引
8等級 30%割引
7(F)等級 20%割引
6(F)等級 10%割引
5等級 10%割引
4等級 0(割引なし)
3等級 20%割増
2等級 30%割増
1等級 60%割増

新規申込の場合

等級 運転者年齢条件 割引・割増率
6(A) 全年齢担保 30%割増
6(B) 21歳未満不担保 10%割増
6(C) 26歳未満不担保 0(割引なし)
6(D) 30歳未満不担保 0(割引なし)
6(E) 条件なし(キャンピングカー等) 0(割引なし)

2台目以降の新規申込の場合

等級 運転者年齢条件 割引・割増率
7(A) 全年齢担保 10%割増
7(B) 21歳未満不担保 10%割引
7(C) 26歳未満不担保 30%割引
7(D) 30歳未満不担保 30%割引
7(E) 条件なし(キャンピングカー等) 30%割引
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ノンフリート等級

ノンフリート等級とは、保険契約者の事故暦(保険の使用暦)に応じて1~20等級まで区分される保険料を決める要素の一つです。

通常新規加入時は6等級から始まり、1年間無事故の場合は1等級上がり、保険料が割安になり、事故により保険の支払いを受けた場合には、1回の事故につき3等級ダウンして保険料が割増となります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ノンフリート契約

ノンフリート契約とは、自動車保険の一つの契約で9台以下の自動車が加入する契約のことです。

一つの契約で10台以上の自動車が保険に加入する契約の場合を、フリート契約といい、主に業務で車両を多く使用する法人が契約します。個人が契約する場合は、基本的にノンフリート契約です。

フリート契約とノンフリート契約では、保険料の算出条件などに違いがあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

等級プロテクト

等級プロテクトとは、保険契約期間中に1度目の事故に限り、保険金を請求しても翌年のノンフリート等級がダウンせず、現在の等級が適用される特約のことです。

2回目の事故以降は通常の事故として扱われます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

等級すえおき事故

等級すえおき事故とは、車両保険を適用した事故のうち、火災、爆発、盗難、落書きなど、一定の要因によるもので、事故件数としては数えない特定の事故のことをいいます。

翌年のノンフリート等級がダウンしないで現在の等級が適用されるため、保険料の割り増しもありません。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

長期優良契約割引

長期優良契約割引とは、ノンフリート等級が20等級の契約で、過去1年間に等級ダウンとなる事故が発生していない場合に保険料が安くなる割引制度のです。

適応基準は保険会社によって異なる場合があります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > ノンフリート契約

Return to page top