ホーム > タグ > リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険

料率クラス

料率クラスとは、事故発生率などのリスク条件で自動車を型式別に9段階に格付けしたものです。

対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、車両保険の保険料を算定する場合の基準になっています。

型式別料率クラスと表記される場合もあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険とは、契約者の年齢、使用頻度、事故暦、居住地域などから保険会社が細かくリスクを計算し、保険料を決められるタイプの自動車保険です。

従来の自動車保険に比べて、リスク細分型自動車保険の場合は、契約時に保険会社に伝えるべき事項が多くなりますが、その分、多くの方は保険料が従来の自動車保険より安くなります。(若い人や毎日業務で車に乗る方にとっては割高なケースもあります。)

従来の自動車保険でも、ある程度はドライバーのリスク判断は行われていましたが、より一層細かく計算するようになりました。最近では、リスク細分型自動車保険の方が主流になってきています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

年間予想走行距離

年間予想走行距離とは、1年間に自動車で走行する総距離を予測することです。

リスク細分型自動車保険では、年間の走行距離によってリスクを考慮し保険料の算出要素にしています。

年間走行距離が少ない程、事故リスクも減少するため保険料は割安となります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地域割引

地域割引とは、自動車の使用の本拠が事故率の低い地域の場合に保険料が割引される制度のことです。

リスク細分型の自動車保険で採用されています。地域料率と表記される場合もあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

使用目的

使用目的とは、業務使用、通勤・通学、レジャー時のみ、週末のみなど、自動車の使用状況や利用頻度のことです。

リスク細分型自動車保険において、使用目的でリスク判断をおこない、保険料の算出要素となっています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ゴールド免許割引

ゴールド免許割引とは、保険契約者の運転免許証の色がゴールドの場合、保険料が割引される制度のことです。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

業務使用

業務使用とは、自動車を仕事に使用することです。

保険会社によって異なりますが、年間を通じて月に15日以上または週5日以上仕事に自動車を使用する場合は業務使用に該当します。

通勤時のみ使用する場合は通勤・通学に該当します。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

型式別料率クラス

型式別料率クラスとは、事故発生率などのリスク条件で自動車を型式別に9段階に格付けしたものです。

対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、車両保険の保険料を算定する場合の基準になっています。

車両料率クラスと表記される場合もあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

運転者年齢条件

運転者年齢条件とは、車両を運転する者の年齢を限定する条件のことです。

あらかじめ運転者の年齢を限定することで保険料が割安となります。

従来は「21才未満、26才未満、30才未満、年齢問わず」の4種類に区分されていたが、リスク細分型自動車保険では年齢幅がさらに細かく区分されている。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > リスク細分型自動車保険

Return to page top