ホーム > タグ > 免責期間

免責期間

約款

詳細は保険約款を参照してください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

免責事由

免責事由とは、保険会社が保険金や給付金を払わなければいけない責任から免れる事由のことです。

通常、保険会社は保険契約に基づいて、保険事故などがあった場合に保険金を払わなければいけない責任がありますが、商法と保険約款によって、保険金や給付金を支払う必要が無いとされる事由が規定されています。

免責事由には、告知義務違反などから戦争などまで様々な事由があり、保険約款にすべて記載されています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

免責期間

免責期間とは、保険金が支払われない期間のことを言います。

保険によっては、契約してすぐに保険金が支払われる状況にならないものもあります。

例えば、ガン保険は、責任開始日が契約から90日後以降です。そのため、責任開始日以前は免責期間となり、ガンにかかっても保険金は支払われません。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

責任開始日

責任開始日とは、保険会社が契約された保障をしなければいけない責任が発生する日のことです。

責任開始日は、申込書の提出、告知・診査、最初の保険料の払い込みを条件としてます。ガン保険や医療保険では、それに加えて保険商品によって違った条件によって、一定期間の免責期間がある場合もあります。

まだ保険証書が到着していない場合でも、責任開始日を過ぎていれば、保険金や給付金の支払い責任が発生します。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ガン保険

ガン保険とは、ガンによる入院や死亡時の保障のみに特化した保険のことです。ガン保険単体で販売されている以外にも、その他の保険に特約として付加できます。

ガン保険の特徴は、ガンと診断された時点で一時金が支払われたり、入院日数に制限なく入院給付金が支給されることです。自然と医療費の負担が大きくなってしまうガンに対して、手厚い保障を確保できます。ただし、加入後90日間はガンと診断されても保険金が支払われない免責期間があります。

ガンと呼ばれるものには悪性新生物と上皮内新生物があります。上皮内新生物の場合、保険金額が削減されたり支払われない場合がほとんどです。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 免責期間

Return to page top