ホーム > タグ > 地震保険

地震保険

家計向け地震保険関連の損失は地震危険準備金でカバー

3月11日に東日本巨大地震が発生したが、JPモルガン証券は3月14日のレポートで、住宅に係わる地震保険は日本地震再保険を通した政府への出再スキームにより、1つの地震に関して1,150億円の損害までは、民間保険会社の負担はゼロとなっていると解説。
 1,150億円を超える部分は損害額1.12兆円の範囲では民間保険会社も5,038億円負担する。
 しかし、地震保険の危険準備金を東京海上で1,600億円強、MS&ADで1,580億円、NKSJで1,230億円それぞれ積んでおり、民間保険会社の最大負担額5,932億円の負担が生じても、カバーできる。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地震保険の補償内容と保険料

地震保険の補償内容

地震保険で契約できる保険金額は、法律によって、主契約で契約している火災保険の保険金額の、30%~50%と決められています。
地震保険の保険金額はこの範囲内で、契約者が自由に設定できます。また地震保険の保険金額には上限があり、建物の損害については5,000万円、家財の損害については1,000万円が設けられています。

地震保険の保険金額の範囲と実際に支払われる保険金額は下記の通りになっています。

  • 火災保険金額が 4,000万円の住宅では、地震保険の補償限度額は 2,000万円まで。(50%の上限枠)
  • 火災保険金額が 1億5,000万円の住宅では、補償限度額は 5,000万円まで。(5,000万円の上限枠)
  • 家財に、2,500万円の火災保険をかけた場合の補償限度額は、1,000万円まで。(1,000万円の上限枠)

火災保険の保険金額を高額にしていても、建物で5,000万円、家財で1,000万円が上限金額となっています。
また、損害の規模により、下記のように支払われる保険金の割合が決まっています。

地震保険の補償

保険金の上限額 損害の程度 支払われる保険金の割合
主契約である火災保険金額の30~50%
かつ
建物 5,000万円
家財 1,000万円
全損 契約保険金額の100%
(時価額が上限)
半損 契約保険金額の50%
(時価額の50%が上限)
一部損 契約保険金額の5%
(時価額の5%が上限)
一部損までの
損害がないとき
保険金の支払いはされないる

建物と家財の両方に地震保険をかけている場合は、建物と家財に対してそれぞれに保険金が支払われます。

全損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の50%以上のとき
  • 流失
  • 焼失した床面積が、建物の延床面積の70%以上のとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の80%以上のとき

半損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の20%以上~50%未満のとき
  • 流失
  • 焼失した床面積が、建物の延床面積の20%以上~70%未満のとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の30%以上~80%未満のとき

一部損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の3%以上~20%未満のとき
  • 地震などによる水災で、床上浸水または平均地盤面45センチを超えた浸水があり、全損、半損にならなかったとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の10%以上~30%未満のとき

なお、1個または1組の価額が30万円を超える、美術品、骨董品、書画、彫刻などは、地震保険では補償されません。
家財に火災保険をかけて、契約時に申告していたときには、火災保険で補償されます。(明記物件)
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地震保険とは

地震保険とは

地震保険とは、居住用の建物や家財が、地震、噴火、津波によって、またはこれらが起因した損害があったときに保険の目的(建物、家財)が補償される保険です。火災保険では地震、噴火、津波による損害には保険金が支払われません。
特に注意すべきなのは、火災の原因が地震のときは、地震保険からのみの保険金支払いとなる点です。

地震保険の対象となるのは、居住用の建物と家財だけで、下記のような損害があったときに補償されます。

  • 地震が原因で発生した火災で、建物や家財が焼けたとき
  • 地震が原因で、建物や家財が壊れたとき
  • 地震が原因で発生した、がけ崩れや地滑りで建物が壊れたり、埋没したとき
  • 地震、噴火によって発生した津波によって、建物や家財が水浸しになったり、流されたとき
  • 堤防やダムが地震のために決壊して、建物や家財が浸水したり、流されたとき
  • 噴火による爆風、溶岩、火山灰によって建物や家財が焼けたり、壊れたり、埋没したとき

地震保険は原則として、住宅火災保険や住宅総合保険などに付帯するかたちでしか加入することはできません。なので、地震保険を単独で加入することはできません。地震保険に加入するときは、火災保険に加入すると同時に、加入することになりますが、地震保険に加入したくない場合は、火災保険契約申込書の地震保険確認欄に捺印すれば、火災保険だけの加入になります。また、加入している火災保険があれば、後からその契約に付帯するかたちで地震保険を付けることも可能です。
地震保険の保険金額は、住居用建物 5,000万円、家財 1,000万円が上限となっています。そして、主契約である火災保険の保険金額の30~50%の範囲で、任意に決めることができます。地震保険は、大地震が起きたときに多額の保険金が必要になる可能性があり、これを民間の損害保険会社だけで負担するのは不可能です。現在では、その一部を国が再保険で補償する形がとられています。
そのため、地震保険の補償内容は、どの保険会社でも同じ補償内容となっています。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の補償内容

火災保険の補償内容

火災保険は、建物と家財の損害を補償するもので、建物や家財に損害を与える事故が補償の対象になります。
補償の対象となる主な事故には下記のようなものがあり、それぞれの事故に対応している火災保険は次の表の通りです。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の基礎知識

火災保険とは

火災保険は家を購入したり・賃貸住宅に入居する時になんとなく加入するものだと認識されていますが、加入すると契約者の生活にまつわる様々な補償がされるとても便利な保険です。あまり知られていないケースでも補償されたりすることがあるので、
火災保険に関する知識をつけておけば、万が一の時に役に立つかもしれません。

火災保険は、保険金額の設定の仕方が重要になります。何も考えずに設定してしまうと万が一の時に十分な補償を受けられなかったり、
損をしたりします。
基本的な考え方を知った上で契約するようにしましょう。
また、失火法という法律をご存知でしょうか?法律では通常、他人に迷惑をかけた場合は加害者側の損害賠償責任を認めています。
交通事故などでは、他人に損害を与えてしまった場合には、加害者は人や物に対して賠償責任を負います。ところが、火災に関しては
『失火の責任に関する法律(一般的に失火法と呼ばれています。)』というものが認められており、
不注意による失火の場合は隣近所に火災による損害が及んでも賠償責任を負わなくていいというものが定められています。
つまり、隣の人の不注意により自分の家や家財等の財産を失っても相手に重大な過失がない限り責任は問えないのです。
なので、火災保険に加入しておかないと最悪のケースで家を失ってなにも残らなくなることも考えられます。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

天災危険担保特約

天災危険担保特約とは、地震、津波、噴火などの天災によるケガや通院による費用を補償してくれる傷害保険に付保する特約のことです。

通常の傷害保険では、天災による損害は支払の対象にならないので、この特約を付けることで、天災による損害も補償されるようになります。

外資系の損害保険会社では、以前より付帯させることができましたが、最近では日本の損保会社でも、この特約を付けることができるようになってきました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

損害保険

損害保険とは、偶然の事故による人や物の損害を補償するための保険です。損害保険にはさまざまな種類がありますが、第三者に対する賠償と、自分の損失を補填できる補償が基本です。

損害保険には、自動車保険、火災保険、地震保険、傷害保険、海外旅行保険、国内旅行保険といったものがあります。

また、会社やお店で不測の事態が起きた時に、その損失をカバーする休業損失保険、賠償責任保険といった事業用の保険もあります。

最近では、ガン保険や医療保険など、生命保険分野(第三分野)の商品も販売するようになっています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

住宅総合保険

住宅総合保険とは、住宅火災保険ではカバーされない損害についても補償する住宅専用の損害保険のことです。

補償の内容は、住宅火災保険の範囲に加えて外部からの落下、衝突や水漏れ、騒じょう、集団行動、労働争議に伴う暴力、盗難、持ち出し家財の被害、水災などのような損害も補償されます。

火災保険はどの保険会社で加入しても同じ補償で同じ保険料でしたが、現在は、さまざまなサービスを付加したり、補償する組み合わせを工夫することで、各社独自の住宅総合保険を販売しています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

住宅火災保険

住宅火災保険とは、住宅専用の火災保険のことです。火災、落雷、破裂、爆発、風・ひょう・雪災による損害を補償します。

地震、噴火、津波が原因で発生した火災の場合は、火災保険では補償されず地震保険で補償されます。

以前はどの保険会社で加入しても同じ補償で同じ保険料でした。今ではさまざまなサービスを付加したり、補償する組み合わせを工夫することで、各社独自の住宅火災保険を販売していています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地震保険

地震保険とは、地震、噴火、津波による火災や損壊などによる被害を補償する保険です。火災保険では地震が原因の被害は補償されないため地震保険で補います。

地震保険は昭和41年5月に地震保険に関する法律が制定され、それに基づき政府と損害保険会社が共同で運営している保険です。

地震保険は単体で加入することができず、火災保険か家財の保健に付加する形で加入します。補償金額は最大で建物が5,000万円、家財が1,000万円です。ただし、地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の30~50%が上限となります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 地震保険

Return to page top