ホーム > タグ > 型式

型式

登録番号

登録番号とは、自動車のナンバープレートの番号のことです。正式名称は自動車登録番号標といいます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

自動車検査証

自動車検査証とは、車両が保安基準に適合していることを証明する書類のことをいいます。

一般的には車検証と呼ばれ、自動車を使用する本拠位置を管轄する陸運支局が発行します。(軽自動車の場合は軽自動車検査協会が発行します。)

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

初度登録年月

初度登録年月とは、国産の新車または輸入自動車が日本国内で初めて登録された年月のことです。

初度登録年月は車検証の初度登録年月欄に記載されています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

車両料率クラス

車両料率クラスとは、事故発生率などのリスク条件で自動車を型式別に9段階に格付けしたもので型式別料率クラスと同じ意味です。

対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、車両保険の保険料を算定する際の基準になっています。別名では型式別料率クラスと表記されます。

一般的に事故が多い車種(スポーツカーなど)はこの車両料率クラスが低くなっているので保険料が割高になります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

車両入替

車両入替とは、自動車の買い替えなどにより、保険契約の対象となる自動車を新たに取得した自動車と入れ替える処理のことをいいます。

保険料は自動車の型式によって変わるのでこの処理で保険料が変更されます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

車台番号

車台番号とは、全ての車両に割り当てられた固有の番号のことです。

エンジンルーム内に打刻されており、車検証にも同一の番号が記載されています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

車検証

車検証とは、自動車検査証の略称のことです。

詳細は自動車検査証を参照してください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

形状

形状とは、セダン、ハードトップ、クーペ、ワゴン、幌型(オープンカー)など、自動車の車体タイプのことを意味します。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

型式別料率クラス

型式別料率クラスとは、事故発生率などのリスク条件で自動車を型式別に9段階に格付けしたものです。

対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、車両保険の保険料を算定する場合の基準になっています。

車両料率クラスと表記される場合もあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

型式

型式とは、自動車の車名やエンジンの種類などを表す記号のことです。

車検証の型式欄にアルファベットと数字で記載されています。

この型式によって車ごとの保険料の料率が変わります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 型式

Return to page top