ホーム > タグ > 学資保険

学資保険

学資保険(子ども保険)

学資保険・子供保険

こども保険とは、教育資金の貯蓄と子供や親の保障を兼ね備えている保険のことをいいます。
一般的に両親のどちらかを契約者兼被保険者に、子供を被保険者にして加入するようになっています。実態としては、子どもを被保険者とする生存保険と、親を被保険者とする死亡保険を組み合わせた複雑な保険商品となっています。このこども保険のように被保険者が二人以上いる保険を連生保険と呼びます。
こども保険は、ほかの保険と異なり契約者である親の死亡も関係するため、親と子供の両方の告知が必要となります。

子供保険の保障内容は商品や保険会社によって異なりますが、多くの子供保険に共通した特長は下記の通りです。

  1. 子どもの年齢や小中学校・高校の入学時期に応じて祝い金(学資金)が支払われます。
  2. 保険期間中に契約者である親が死亡したケースでは以後の保険料が免除されます。
  3. 保険期間中に子供が死亡したケースでは死亡保険金が支払われます。

ほかにも、子どもが入院したり手術したりしたときに給付金が出たり、親が死亡した場合には育英年金が支払われる商品もあります。
なお、こども保険は教育資金作りを目的にするために学資保険などの名称で販売されることもあります。しかし、学資保険という名前でも貯蓄性が充分でない商品もあるので注意が必要です。
保障に重点を置いたため、払込保険よりも受取金総額が少ない元本割れしたこども保険や学資保険もあるので、契約する前によく検討しましょう。

貯蓄性が高いこども保険には、下記のような特徴があります。

  1. 子供が死亡したときの死亡保険金がそれまでに払い込んだ保険料相当額に抑えられているもの
  2. 入院特約や育英年金といった保障がない
  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

こども保険

こども保険とは、こどもを被保険者、親を契約者とする生命保険のことです。別名で、学資保険とも呼ばれます。

こども保険の目的は、入学・進学時に合わせた給付金が主な目的で、他にも、こどもの病気やケガに対する補償、こどもが他人に損害を与えてしまった場合の賠償責任など、安心してこどもを育てる環境を整えるための保険といえます。

契約中に、契約者である親が死亡したり、重大な疾病をわずらった場合などには、その後の保険料の支払いが免除されるものや、商品によっては育英年金や一時金を受け取れるものもあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

学資保険

詳細はこども保険を参照してください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 学資保険

Return to page top