ホーム > タグ > 満期保険金

満期保険金

生命保険と税金

満期保険金・解約返戻金の税金

生命保険が満期になったときの満期保険金や解約したときの解約返戻金には、一定の税金が課されます。
死亡保険金の税金を受け取るときと同様に、保険契約者、被保険者、保険金受取人の3者の関係で、課税方法が変わり、下記のようになります。

保険契約者 被保険者 保険金受取人 税の種類
一時所得(所得税)
(保険金額-支払い保険料-50万円)×1/2×税率
ただし、一時払いで5年満期以上の養老保険の5年以内の解約については、20%の源泉分離課税
贈与税
(受取金額-110万円)×税率
  • 保険契約者…保険会社と保険契約をした人で、契約者は保険料の支払い義務や保険内容を変更する権利を持ちます。
  • 被保険者…保険の対象になる人で、被保険者が死亡、病気、ケガをしたときに保険金が支払われます。
  • 保険金受取人…保険金を実際に受け取る人です。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

養老保険

養老保険とは、亡くなった場合には死亡保険金が、生存して満期を迎えた場合には満期保険金が支払われる保険のことです。

死亡保険金と満期保険金は同額に設定されています。商品によっては死亡保険金額を満期保険金額の5倍や10倍に設定しているものもあります。

亡くなっても、生存していても保険金を受け取ることができますが、反面、満期保険金がない同額・同期間の死亡保障に比べると保険料はかなり割高になります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

満期日

満期日とは、契約期間が満了する期日のことです。

自動車保険などはこの日をもって契約を更新するか他の保険会社に切り替えるかをします。

また、満期保険金がある場合はこの日に支払われます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

満期保険金

詳細は満期返戻金を参照してください 。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

満期返戻金

満期返戻金とは、契約している保険が満期を迎えた際に保険会社から契約者に戻されるお金のことです。満期保険金とも言います。

満期返戻金はすべての保険にあるわけではなく、損保だと積立型の傷害保険、生保だと契約するときに自分で設定できます。

一般的に、満期返戻金のある保険は満期返戻金のない同条件の保険に比べて保険料が高くなります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

保険金

保険金とは、保険契約の内容に基づいて保険会社から支払われるお金のことです。

病気やケガで死亡・入院した場合、物を壊してしまった場合など、その保険契約の内容に沿って保険金が支払われます。また、特に損害などがなくても、契約が満了した場合に支払われる満期保険金も保険金の一つです。

保険金は、例えば、入院したら一日10,000円、死亡したら一括で1,000万円など一定の金額(定額)が支払われるものと、契約した保険金額を上限に実際の損害額が支払われるものがあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

変額保険

変額保険とは、死亡保険金、満期保険金が変動する保険です。

通常の保険の場合、契約者が支払った保険料は保険会社の責任のもとに運用されます。よって保険金額や解約返戻金は契約時の金額が保証されています。

しかし、変額保険においては、その運用方法を契約者が選択します。運用は、保険会社が準備した投資信託(ファンド)の中から契約者が選択する形で行いますが、運用結果に関しては契約者が責任を負うことになります。

そのため、その運用結果によって、保険金額や解約返戻金が変動する保険です。ただし、死亡保険金額については、最低保証されている場合がほとんどです。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 満期保険金

Return to page top