ホーム > タグ > 特徴

特徴

傷害保険のすすめと選び方

傷害保険の魅力

傷害保険の一番の魅力は、特約によって自分にピッタリの保険を作ることができる点です。
傷害保険というと、家計に余裕がある人が入る保険ではないかと感じる方もいるかも知れませんが、傷害保険は、各損害保険の中では、お手軽なものです。
もちろん、それぞれのライフスタイルに合った傷害保険は、十人十色で、やみくもにお金を多くかけておけば安心ということではありません。
しかし、数百円からの傷害保険もあります。数百円で、安心を買うことが出来るのなら、お安い出費でないでしょか?

傷害保険の利用を考えない理由として、よくあがるのが収入が少ないという理由ですが、傷害保険は、こういう方にこそ、メリットがある保険だと思います。万が一、ケガや傷害を負ったときに貯金がなかったとしたら、医療費だけでなく生活費も、最悪の場合、借金でまかなわなければならなくなります。対応する傷害保険に加入していれば、この場合の医療費は、傷害保険金として給付されますし、所得補償保険を特約につけていれば、生活費もここからまかなえます。傷害保険はリスク回避のための、個人でとれる安全策のひとつです。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

傷害保険の基礎知識

傷害保険とは

傷害保険は加入することで、契約者やその家族にぴったりの保障内容を付けることができるので暮らしに安心感をもたらすことが出来ますし、傷害保険の保険金によって、ケガをした後も安定したまま生活を保つことが出来ます。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

住宅の火災保険

住宅火災保険

住宅火災保険とは、専用住宅の建物と家財を補償する保険です。補償の内容は、火災、落雷、爆発、破裂、風、雨、ひょう災、雪の災害など、基本的な災害に限られています。ただしその分、保険料が他の商品と比べて安くなっています。以下が住宅火災保険の内容で、
損害保険金、費用保険金、賠償責任保険の3つに分かれています。

損害保険金
損害保険金は保険の目的(建物、家財など)に損害があったときに、その損害に対して、保険金が支払われます。

  • 火災
  • 落雷
  • 爆発、破裂。ガス管が爆発したり、近隣の工場で爆発があり損害があったとき。
  • 風、雨、ひょう、雪の災害。台風による暴風雨や異常な豪雪、ひょうで損害があったとき。(一般的な雨や雪での損害は対象外。)

費用保険金
費用保険は、主に保険の目的に実際に損害があった場合で、関連する費用が発生したときにその費用を保険金として支払います。

  • 臨時費用…災害によって、緊急に必要な衣服や寝具、住まいにかかる費用など。
  • 失火見舞金…誤って自宅から失火したときに、隣り近所の建物や家財に損害を与えたときの見舞金。
  • 残存物片付け費用…災害によって、焼失したり破壊されたものを、片付ける費用など。

賠償責任保険

賠償責任保険とは、住宅火災保険に特約として付保し、補償を充実させるものです。

  • 借家人賠償責任保険…賃貸用の一戸建、マンション、アパートの入居者が、誤って火災を起こして大家さんに、賠償金を支払う必要が生じた場合の特約です。
  • 個人賠償責任保険…保険加入者本人やその家族が、誤って他人の所有物を壊したり、他人にケガをさせたときに、
    その賠償金や弁護士費用に対して保険金が支払われます。(法律上、賠償責任を負った場合)

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の補償内容

火災保険の補償内容

火災保険は、建物と家財の損害を補償するもので、建物や家財に損害を与える事故が補償の対象になります。
補償の対象となる主な事故には下記のようなものがあり、それぞれの事故に対応している火災保険は次の表の通りです。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の基礎知識

火災保険とは

火災保険は家を購入したり・賃貸住宅に入居する時になんとなく加入するものだと認識されていますが、加入すると契約者の生活にまつわる様々な補償がされるとても便利な保険です。あまり知られていないケースでも補償されたりすることがあるので、
火災保険に関する知識をつけておけば、万が一の時に役に立つかもしれません。

火災保険は、保険金額の設定の仕方が重要になります。何も考えずに設定してしまうと万が一の時に十分な補償を受けられなかったり、
損をしたりします。
基本的な考え方を知った上で契約するようにしましょう。
また、失火法という法律をご存知でしょうか?法律では通常、他人に迷惑をかけた場合は加害者側の損害賠償責任を認めています。
交通事故などでは、他人に損害を与えてしまった場合には、加害者は人や物に対して賠償責任を負います。ところが、火災に関しては
『失火の責任に関する法律(一般的に失火法と呼ばれています。)』というものが認められており、
不注意による失火の場合は隣近所に火災による損害が及んでも賠償責任を負わなくていいというものが定められています。
つまり、隣の人の不注意により自分の家や家財等の財産を失っても相手に重大な過失がない限り責任は問えないのです。
なので、火災保険に加入しておかないと最悪のケースで家を失ってなにも残らなくなることも考えられます。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 特徴

Return to page top