ホーム > タグ > 自動車保険

自動車保険

任意保険

任意保険とは、法律で加入が定められている自賠責保険の上乗せ補償として、自分の意志で自由に加入することができる自動車保険のことです。

自賠責保険は、相手が死亡したりケガをした場合の補償のみであり、相手の物や自分に対する補償はありません。また、補償額についても、後遺障害で最大4,120万円、死亡補償で最大3,120万円と、実際に事故が起こった時に発生する損害額を、すべてカバーすることができないのが実情です。なので任意保険に入らないで自動車を運転する人はほとんどいません。

任意保険では対人補償を無制限にできるだけでなく、物に対する補償や自身のケガや車に対する補償など、自賠責保険では補償されない損害をカバーできます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

搭乗者傷害補償保険

搭乗者傷害補償保険とは、搭乗者傷害保険の別名です。

詳細は、搭乗者傷害保険を参照してください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険(搭乗者傷害補償保険)とは、この保険に加入している自動車に乗っていた、運転者を含んだ搭乗者が、ケガをしたり死亡した時に保険金が支払われる保険です。

この保険は、過失の有無や、加害者からの損害賠償金、自賠責保険などからの支払いに関係なく支払われます。怪我の状態によって支払額が決まる部位別担保と入院や通院の日数によって支払額が決まる契約の仕方があります。

人身傷害補償保険の場合、支払われる金額は、実際の損害に基づいて決まりますが、搭乗者傷害保険では、契約によって決められた保険金が定額で支払われます。

また、搭乗者傷害保険は、保険金を請求しても等級には影響しません。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

等級プロテクト

等級プロテクトとは、保険契約期間中に1度目の事故に限り、保険金を請求しても翌年のノンフリート等級がダウンせず、現在の等級が適用される特約のことです。

2回目の事故以降は通常の事故として扱われます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

長期優良契約割引

長期優良契約割引とは、ノンフリート等級が20等級の契約で、過去1年間に等級ダウンとなる事故が発生していない場合に保険料が安くなる割引制度のです。

適応基準は保険会社によって異なる場合があります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

中断証明書

中断証明書とは、廃車、譲渡、海外転勤などで車両を手放した際に保険の解約や継続手続きを行なわず、ノンフリート等級を引き継いだまま自動車保険を中断したことを証明するものです。

一度自動車保険を解約するときに発行してもらいます。この証明書の有効期間は保険会社によって異なる場合もあるので確認してください。

この中断証明書を利用して再契約することで無事故割引を継承することできます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

団体保険

団体保険とは、企業や会議所、組合などの団体を介して契約する保険のことです。

保険の種類は、生命保険や自動車保険など、各団体によってさまざまです。団体保険のメリットは、団体契約することによって保険料が割り引かれたり、給与から天引きで保険料を支払うことができる、などがあげられます。

基本的には、団体保険に加入できる対象は、その団体に所属している人です。そのため、定年退職や転職などにより、団体に所属しなくなった場合、たいていの場合、保険契約自体は継続できますが、保険料割引などのメリットはなくなってしまいます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

対物賠償保険

対物賠償保険とは、交通事故で他人のものを壊してしまい、その損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。

事故により損害を与えた相手が、高級車・建物・信号等の公共物の場合には、想像以上の賠償請求をされることも珍しくありません。
また、店舗に突っ込んでしまったり、相手の車両が業務用の車両だったりした場合には、営業損失や休業補償などを、壊してしまったものの補償に加えてしなければなりません。

過去の交通事故賠償(物損事故)の判例では、2億6,000万円以上の総損害額が認定された判決例もあります。

強制保険の自賠責保険は、人に対しての損害の補償しかされませんので、もし、対物賠償保険に入っていない場合は、この補償をすべて自分で支払わなければなりません。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

対人賠償保険

対人賠償保険とは、交通事故で他人をケガ、または死亡させて、法律上の損害賠償責任を負ってしまったときに、保険金が支払われる保険です。

強制保険である自賠責保険は、事故を起こした場合に、被害者への補償をする保険ですが、その補償額は死亡3,000万円・後遺障害4,000万円・傷害120万円までとなっており、最低限の補償しかされません。

大きな事故を起こしてしまった場合には、自賠責保険で補償される額を超えてしまう事も珍しくありません。自賠責保険の賠償額を超えてしまった賠償金は、加害者本人が支払わなければなりませんが、対人賠償保険に入っていれば、対人賠償保険を使ってカバーすることが出来ます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

損害保険

損害保険とは、偶然の事故による人や物の損害を補償するための保険です。損害保険にはさまざまな種類がありますが、第三者に対する賠償と、自分の損失を補填できる補償が基本です。

損害保険には、自動車保険、火災保険、地震保険、傷害保険、海外旅行保険、国内旅行保険といったものがあります。

また、会社やお店で不測の事態が起きた時に、その損失をカバーする休業損失保険、賠償責任保険といった事業用の保険もあります。

最近では、ガン保険や医療保険など、生命保険分野(第三分野)の商品も販売するようになっています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0
Page 4 of 6123456

Home > タグ > 自動車保険

PartsLinks

Return to page top