ホーム > タグ > 自転車総合保険

自転車総合保険

特別な種類の傷害保険

特別な傷害保険

傷害保険の特殊な種類として、ゴルファー傷害保険が挙げられます。補償内容補償内容の重点が異なる傷害保険の多くは、保険期間が一定期間である傷害保険商品がほとんどです。スポーツ傷害保険、レジャー傷害保険などが、このタイプの傷害保険の分類に該当します。

傷害保険の中でも特殊なゴルファー傷害保険の補償内容は、普通傷害保険の内容に加えて、ホールインワン保険の内容を加味しているものが多いです。
このように、スポーツ傷害保険には、それぞれのスポーツに特化した補償内容を備えている傷害保険も数多くあります。
危険なスポーツや、不慣れなスポーツをする際は、必要に応じて、これらの傷害保険を選択してゆくと良いでしょう。

スポーツ傷害保険も、普通傷害保険と同じように、危険度に応じて掛け金が変わってゆく場合が多いので、それぞれのスポーツの危険度に応じて、傷害保険の保険料額も変化します。なお、普通傷害保険をかけた保険会社によっては、特約として差額(追加料金)のみの支払いで応じてくれる場合もあります。レジャー傷害保険もまた、スポーツ傷害保険と同様の取り扱いをする保険会社がほとんどです。
登山・ボブスレーなど危険性のともなうレジャーについては、普通傷害保険であっても、傷害保険の保険特約とみなす保険会社が多いです。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

傷害保険の種類

傷害総合保険

傷害総合保険は、国内・国外を問わず、家庭内、職場内、通勤途上、旅行中など、日常生活におけるほとんどすべての事故による傷害を補償するとともに、日常生活における賠償責任、生活用動産の損害、携行品・預かり品の損害など、ケガのみならず、毎日の生活を総合的に補償します。
つまり傷害総合保険は普通傷害保険の補償に加え、傷害事故によって介護が必要となった場合に終身補償する介護保険金、および犯罪被害で死亡した場合等に逸失利益や精神的損害等を補償する被害補償金など、総合的に補償する傷害保険です。

一般的な補償内容

ケガ
死亡保険金、後遺障害保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金、生涯医療費用保険金、介護保険金

その他
身の回りの品(携行品)、個人賠償責任

選択できる特約
家財(住宅内生活用動産)、救援者費用、キャンセル費用、受託品賠償責任、ホールインワン・アルバトロス費用、借家人賠償責任、交通事故傷害倍額補償、特定感染症危険の補償

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 自転車総合保険

Return to page top