ホーム > タグ > 補償内容

補償内容

自賠責保険の補償と保険料

自賠責保険の補償

自賠責保険では、被害者の死亡やケガに対してのみ、保険金が支払われます。加害者本人の死亡やケガ、車両などの損害や、自賠責保険での支払い限度額を超えた分についての補償は一切ありません。このため、これをカバーするために任意保険が必要になってきます。自賠責保険の補償内容は、被害者の被害の状態により下記のように定められています。

自賠責保険の補償

補償限度額 補償内容
死亡 1人につき
3,000万円まで
慰謝料、逸失利益、葬儀費用
死亡にいたるまでのケガ 1人につき
120万円まで
慰謝料、治療費、休業補償、文書料
後遺障害 1人につき
1級4,000万円~14級75万円
神経系統に著しい障害が残り、常時介護が必要な場合は、
1級4,000万円 2級3,000万円
それ以外の後遺障害は、
1級3,000万円~14級75万円
ケガ 1人につき
120万円まで
慰謝料、治療費、休業補償、文書料
慰謝料、治療費は1日あたり4,200円
休業補償は1日あたり5,700円(ただし、これを超えることが明らかなときは19,000円が限度)

自賠責保険では、1件の事故での補償限度額はなく、また、保険加入期間に何回事故を起こしても補償内容は変わりません
ただし、1人あたりの補償額は、上の表のように限度額が決められています。例えば、自動車事故を2回起こして、相手にケガをさせてしまったときは、事故1回ごとに120万円まで保険金が支払われ、合計240万円が補償額となります。また、被害者が複数の加害車両で死傷した場合は、加害車両の台数分の補償があります。例えば、歩行者が自動車Aにはねられ、その後で自動車Bにもう一度はねられたときは、自賠責保険から死亡で3,000万円×2=6,000万円、ケガで120万円×2=240万円の支払いとなり、被害者が受け取る金額は2倍になります。(ただし、被害者に過失がない場合)
なお、自賠責の保険金の請求期限には、2年の時効があり、2年を超えると保険金は支払われません。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

自動車保険の補償内容の種類

人に対する補償・賠償を目的とした自動車保険の補償内容

対人賠償保険
対人賠償保険は、第三者の他人だけが補償の対象となっており、被保険者本人と、その家族、保険加入者の承諾を得て運転していた人は対象外です。
被害者への賠償金額が自賠責保険の補償額の上限の3000万を超えた場合、保険金が支払われます。契約のときの保険金額は無制限に設定するのが一般的です。

搭乗者傷害補償
搭乗者傷害補償保険は、契約車両に搭乗していた全ての人が補償の対象となっています。加害者側の自賠責保険や、任意保険から保険金の支払いがあっても、それとは別に契約した内容で保険金の支払いがあります。
契約の保険金額の目安は一般的に1人あたり1,000万円にすることが多いです。

人身傷害補償
人身傷害補償保険は、搭乗者傷害補償保険と比較して、幅広い補償が特徴です。過失相殺などで、相手の自賠責保険などから損害額の満額が受け取れない場合でも損害額を全額受け取れるような補償内容です。
保険契約時に指定した人が対象で、自動車に乗っているときだけでなく、歩行中に死傷しても補償されます。
契約時に補償内容を、自動車に搭乗中限定にすることもできます。保険金額は、一般的に3,000万~5,000万円に設定することが多いです。

無保険車傷害保険
無保険車傷害保険は、契約車両に搭乗していた全ての人が対象で、事故の相手側が無保険車で、賠償金を満額支払えない場合に、その不足分が支払われる自動車保険です。一般的に対人賠償保険に自動付帯されていて、保険金額は1億円~無制限となっています。

自損事故保険
自損事故保険は、契約車両に搭乗していた全ての人が対象で、被保険者の過失が原因で死傷した場合でも保険金が支払われます。
無保険車傷害と同様に一般的に、対人賠償保険に自動付帯されていて、保険金額は死亡で1,000~1,500万円となっています。

自賠責保険
自賠責保険は、加入が義務付けられている保険で強制保険とも呼ばれています。補償額には上限があり、補償の対象は被害者のみで、加害者側の死傷や車両の損害などは補償の対象外です。自賠責保険の支払い限度額は、死亡で3,000万円、ケガで120万円、後遺障害は程度に応じて75~4,000万円となっています。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

海外旅行保険の選び方のポイント

海外旅行保険の選び方

海外旅行保険の一番いい選び方とはいろいろありますが、海外旅行保険の全体をチェックしてみることです。
海外旅行保険を扱う業界も自由化にともない保険会社によって取り扱う内容が異なります。異なる内容を比べて見て余分な補償を掛け過ぎないようにしましょう。また、旅行の条件に合わせて必要な補償も変わってくるはずなのでそういった角度からも検討してみましょう。

例えば、家族一緒の場合やツアーなどによっても保険内容は異なります。保険会社の特徴を比較してみるといいでしょう。保険会社によってそれぞれ特徴のある海外旅行保険を作っていると思います。その内容をよく確認してみて自分の旅行内容とあった保険内容に加入することが大事です。
ほとんどの海外旅行保険の内容は、治療はもちろん盗難や賠償補償は原則、付保されています。
それ以外に保険会社によって特徴のある保険内容があるので、比較してみるといいと思います。

また、補償を選ぶ際には、無駄がない掛け金にしておくことも重要です。掛けておいて無駄という補償はありませんが、自分にとっていらない内容は省いておきましょう。安心して海外旅行ができることが一番の目的で大切なことです。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

海外旅行保険の基礎知識

海外旅行保険について

海外旅行に行く際に忘れてはならないものとして、パスポートや海外旅行保険を挙げることができます。
パスポートは海外旅行に行かれる際には必需品なので、問題はないとしても、海外旅行保険は、加入を忘れがちな方も多いと思います。
特に数日程度のアジアの近場への旅行の場合、おそらく何事もないだろうから大丈夫だろうと考えて、海外旅行保険に加入せずに旅行に行く方も多いのではないかと思います。
しかし、海外では健康保険が使えないなどのリスクが多く存在します。
最近では、損害保険会社の提供している海外旅行保険だけではなく、クレジットカード付帯の海外旅行保険も増えてきているので、旅行や同行者、目的地などと照らし合わせて上手に組み合わせて利用することができると思います。

また、海外旅行の出発の直前まで申込みができる海外旅行保険も増えてきているので、なかなか海外旅行保険に申し込む時間がないという場合でも空港に早めに行って申込めるようになってきます。

海外旅行の場合、旅先の国は文化も言葉も違う異国になるので、トラブルに備えてしっかりと準備をしておくことはとても大切です。特に、小さなお子様やご高齢の方と一緒に旅行する場合には、旅先で何かトラブルがあっても慌てることのないように、加入した海外旅行損害保険やクレジットカード会社の連絡先などをしっかりと控えておきましょう。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

傷害保険の注意点

傷害保険に加入する際の注意点

傷害保険は、急激・偶然・外来の事故で傷害を被り、その結果、入院・通院したり、後遺障害が生じたり、死亡した場合に保険金が支払われる保険です。
死亡保険金・後遺障害保険金・入院保険金・通院保険金などが支払われますが、自分の目的に合ったものを選ぶために以下の3点をよく整理しましょう。

どのような事故を対象にするのか? また、いくらの補償が必要なのか?
・日常生活上で生じるケガ
・交通事故によるケガ
・旅行中(国内や海外)のケガやその他のアクシデント
・職場での業務中のケガ
・趣味やスポーツ、レクリェーション等の活動中のケガ
・ケガや病気で働けなくなった時の所得の減少に備える

誰を保険の対象にするのか?
・自分
・家族
・夫婦
・生徒や学生、会員や団体員、行事参加者、従業員など

その他の特約や目的は?
・ケガだけではなく、携行品の損害や賠償責任に対する補償も必要なのか
・他の保険商品とセットで契約したいのか
・長期(3年~5年)の積立型で契約したいのか

「各保険金の説明」
死亡・後遺障害保険金
傷害により死亡した場合に死亡保険金をお支払いします。
また、傷害により、後遺障害が生じた場合にその後遺障害の程度に応じた保険金をお支払いします。
入院保険金
通院保険金 傷害により平常の業務または生活ができなくなり、入院、通院などした場合に保険金をお支払いします。

傷害保険について相談する際には、例えば「予算5千円で、加入料はなし。個人向けで。サッカーをやっているので、練習中も補償されるプランで」など、具体的な(予算)傷害保険料額・傷害保険の適用範囲・傷害保険特約が必要になりそうな際には、特に強調しておかなければいけない点などをまとめておきましょう。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ゴルフ保険の補償内容

ゴルフ用品の破損・盗難

ゴルフ用品の破損で一番多いのが、ゴルフクラブの破損です。プロとは違い、一般的なゴルファーの方は、ゴルフクラブで地面を叩いてしまったり、ゴルフクラブがすっぽ抜けて飛んでいってしまったりという機会は多々あると思います。その場合に、ゴルフクラブが折れたり破損したりする可能性があります。

ゴルフクラブは非常に高い商品で、中には一本数十万というものもあります。それを破損してしまった場合、大損してしまいます。
ゴルフ保険では、このようなアクシデントが発生した場合に破損してしまった用品を補償します。

また、ゴルフ場では、盗難被害がかなり出ます。これは、プロのツアーの最中であってもです。
基本的に、ゴルフ場には預かり所やロッカーがしっかり存在していて、そこに預けておけば、荷物を盗まれる事はありません。

しかし、中にはゴルフクラブが盗まれたり、移動の合間に必要な荷物を取られてしまったりという事件が数多く見受けられます。
こういった、お金持ちが集まりやすい状況下では、そこを狙っている泥棒がどうしても発生してしまうのが現状です。

ゴルフ保険はこのような盗難被害の場合でも補償対象となっています。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地震保険の補償内容と保険料

地震保険の補償内容

地震保険で契約できる保険金額は、法律によって、主契約で契約している火災保険の保険金額の、30%~50%と決められています。
地震保険の保険金額はこの範囲内で、契約者が自由に設定できます。また地震保険の保険金額には上限があり、建物の損害については5,000万円、家財の損害については1,000万円が設けられています。

地震保険の保険金額の範囲と実際に支払われる保険金額は下記の通りになっています。

  • 火災保険金額が 4,000万円の住宅では、地震保険の補償限度額は 2,000万円まで。(50%の上限枠)
  • 火災保険金額が 1億5,000万円の住宅では、補償限度額は 5,000万円まで。(5,000万円の上限枠)
  • 家財に、2,500万円の火災保険をかけた場合の補償限度額は、1,000万円まで。(1,000万円の上限枠)

火災保険の保険金額を高額にしていても、建物で5,000万円、家財で1,000万円が上限金額となっています。
また、損害の規模により、下記のように支払われる保険金の割合が決まっています。

地震保険の補償

保険金の上限額 損害の程度 支払われる保険金の割合
主契約である火災保険金額の30~50%
かつ
建物 5,000万円
家財 1,000万円
全損 契約保険金額の100%
(時価額が上限)
半損 契約保険金額の50%
(時価額の50%が上限)
一部損 契約保険金額の5%
(時価額の5%が上限)
一部損までの
損害がないとき
保険金の支払いはされないる

建物と家財の両方に地震保険をかけている場合は、建物と家財に対してそれぞれに保険金が支払われます。

全損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の50%以上のとき
  • 流失
  • 焼失した床面積が、建物の延床面積の70%以上のとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の80%以上のとき

半損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の20%以上~50%未満のとき
  • 流失
  • 焼失した床面積が、建物の延床面積の20%以上~70%未満のとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の30%以上~80%未満のとき

一部損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の3%以上~20%未満のとき
  • 地震などによる水災で、床上浸水または平均地盤面45センチを超えた浸水があり、全損、半損にならなかったとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の10%以上~30%未満のとき

なお、1個または1組の価額が30万円を超える、美術品、骨董品、書画、彫刻などは、地震保険では補償されません。
家財に火災保険をかけて、契約時に申告していたときには、火災保険で補償されます。(明記物件)
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の補償内容

火災保険の補償内容

火災保険は、建物と家財の損害を補償するもので、建物や家財に損害を与える事故が補償の対象になります。
補償の対象となる主な事故には下記のようなものがあり、それぞれの事故に対応している火災保険は次の表の通りです。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 補償内容

Return to page top