ホーム > タグ > 火災保険

火災保険

家計向け地震保険関連の損失は地震危険準備金でカバー

3月11日に東日本巨大地震が発生したが、JPモルガン証券は3月14日のレポートで、住宅に係わる地震保険は日本地震再保険を通した政府への出再スキームにより、1つの地震に関して1,150億円の損害までは、民間保険会社の負担はゼロとなっていると解説。
 1,150億円を超える部分は損害額1.12兆円の範囲では民間保険会社も5,038億円負担する。
 しかし、地震保険の危険準備金を東京海上で1,600億円強、MS&ADで1,580億円、NKSJで1,230億円それぞれ積んでおり、民間保険会社の最大負担額5,932億円の負担が生じても、カバーできる。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地震保険の補償内容と保険料

地震保険の補償内容

地震保険で契約できる保険金額は、法律によって、主契約で契約している火災保険の保険金額の、30%~50%と決められています。
地震保険の保険金額はこの範囲内で、契約者が自由に設定できます。また地震保険の保険金額には上限があり、建物の損害については5,000万円、家財の損害については1,000万円が設けられています。

地震保険の保険金額の範囲と実際に支払われる保険金額は下記の通りになっています。

  • 火災保険金額が 4,000万円の住宅では、地震保険の補償限度額は 2,000万円まで。(50%の上限枠)
  • 火災保険金額が 1億5,000万円の住宅では、補償限度額は 5,000万円まで。(5,000万円の上限枠)
  • 家財に、2,500万円の火災保険をかけた場合の補償限度額は、1,000万円まで。(1,000万円の上限枠)

火災保険の保険金額を高額にしていても、建物で5,000万円、家財で1,000万円が上限金額となっています。
また、損害の規模により、下記のように支払われる保険金の割合が決まっています。

地震保険の補償

保険金の上限額 損害の程度 支払われる保険金の割合
主契約である火災保険金額の30~50%
かつ
建物 5,000万円
家財 1,000万円
全損 契約保険金額の100%
(時価額が上限)
半損 契約保険金額の50%
(時価額の50%が上限)
一部損 契約保険金額の5%
(時価額の5%が上限)
一部損までの
損害がないとき
保険金の支払いはされないる

建物と家財の両方に地震保険をかけている場合は、建物と家財に対してそれぞれに保険金が支払われます。

全損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の50%以上のとき
  • 流失
  • 焼失した床面積が、建物の延床面積の70%以上のとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の80%以上のとき

半損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の20%以上~50%未満のとき
  • 流失
  • 焼失した床面積が、建物の延床面積の20%以上~70%未満のとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の30%以上~80%未満のとき

一部損
建物

  • 基礎、柱、はり、屋根、外壁(主要構造部)の損害額が、建物の時価額の3%以上~20%未満のとき
  • 地震などによる水災で、床上浸水または平均地盤面45センチを超えた浸水があり、全損、半損にならなかったとき

家財

  • 損害額が、家財の時価額の10%以上~30%未満のとき

なお、1個または1組の価額が30万円を超える、美術品、骨董品、書画、彫刻などは、地震保険では補償されません。
家財に火災保険をかけて、契約時に申告していたときには、火災保険で補償されます。(明記物件)
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

地震保険とは

地震保険とは

地震保険とは、居住用の建物や家財が、地震、噴火、津波によって、またはこれらが起因した損害があったときに保険の目的(建物、家財)が補償される保険です。火災保険では地震、噴火、津波による損害には保険金が支払われません。
特に注意すべきなのは、火災の原因が地震のときは、地震保険からのみの保険金支払いとなる点です。

地震保険の対象となるのは、居住用の建物と家財だけで、下記のような損害があったときに補償されます。

  • 地震が原因で発生した火災で、建物や家財が焼けたとき
  • 地震が原因で、建物や家財が壊れたとき
  • 地震が原因で発生した、がけ崩れや地滑りで建物が壊れたり、埋没したとき
  • 地震、噴火によって発生した津波によって、建物や家財が水浸しになったり、流されたとき
  • 堤防やダムが地震のために決壊して、建物や家財が浸水したり、流されたとき
  • 噴火による爆風、溶岩、火山灰によって建物や家財が焼けたり、壊れたり、埋没したとき

地震保険は原則として、住宅火災保険や住宅総合保険などに付帯するかたちでしか加入することはできません。なので、地震保険を単独で加入することはできません。地震保険に加入するときは、火災保険に加入すると同時に、加入することになりますが、地震保険に加入したくない場合は、火災保険契約申込書の地震保険確認欄に捺印すれば、火災保険だけの加入になります。また、加入している火災保険があれば、後からその契約に付帯するかたちで地震保険を付けることも可能です。
地震保険の保険金額は、住居用建物 5,000万円、家財 1,000万円が上限となっています。そして、主契約である火災保険の保険金額の30~50%の範囲で、任意に決めることができます。地震保険は、大地震が起きたときに多額の保険金が必要になる可能性があり、これを民間の損害保険会社だけで負担するのは不可能です。現在では、その一部を国が再保険で補償する形がとられています。
そのため、地震保険の補償内容は、どの保険会社でも同じ補償内容となっています。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の特約

価額協定保険特約

価額協定保険特約とは、持ち家や店舗、事務所などの火災保険の目的が、万が一火災にあっても新たに新築を建てることができる金額の保険金が支払われる特約をいいます。通常、火災保険では時価額を基準にして、保険金が支払われます。
時価額とは、新築した建物の価額から使用して消耗した分を差し引いた価額のことをいいます。時価額で保険金を受け取った場合、火災での損害はすべて補償されず、加入者の負担が発生します。例えば、5年前に3,000万円で新築した住宅の場合、現在の時価額は3,000万円よりも当然安くなるので、住宅が全焼して保険金が支払われても、新築した当時と同じ建物を建てることはできません。新築した当時と同じ建物を建てるには、不足分を本人が負担することになってしまいます。
そこで、火災保険に価額協定保険特約が用意されていて、これを付保しておくと、住宅が全焼した場合でも、元の住宅と同じものを建てる金額が、保険金として支払われます。この金額のことを再調達価額と呼んでいます。また、家具や家電製品などの家財にも、この特約を付けられるので、建物だけでなく、家財の購入費も再調達価額で補償されます。このように火災保険に加入するときは、価額協定保険特約をセットして契約するのが、重要です。

価額協定保険特約の特徴は、以下のようになっています。

  • 保険金額が同じであれば、この特約を付けても保険料の割増しされることはありません。むしろ、この特約をつけることにより、割引が適用されることが多いです。
  • 価額協定保険特約をつける場合は、保険会社か保険代理店が、特約を付ける建物の評価をして、保険加入者と話し合いの上、適正な保険金額を決めます。
  • 価額協定保険特約は、住宅だけでなく店舗や事務所、倉庫などにも付けることができ、ほとんどの種類の火災保険に契約できます。また、建物だけでなく家財にも付保することが可能です。
  • 保険金は、時価額でなく再調達価額で支払われますので、保険加入者の負担なしで、建物や家財を元通りにすることができます。ただし、減価額(使用して消耗した分)が5割を超えている建物の場合は、この特約を付けることはできません。(2,000万円で購入したマンションが老朽化して、その時価額が1,000万円未満になってしまった場合など。)
  • 万が一、火災で建物が全焼したときは通常の保険金の他に、特別費用の支払いがあります。一般的に、保険金額の1割程度が上乗せして支払われますが、各保険会社によって割合や限度額が変わってきます。

価額協定保険特約を付ける場合、注意すべき点は正しい再調達価額の設定になります。誤った再調達価額の設定をしてこの特約を付けると、建物や家財は正規の補償はされません。もし、保険会社や保険代理店の評価額が低くて、再調達価額に達していないときや、逆に高すぎる場合は、再度建物の評価をしてもらうことをおすすめします。また、契約から何年かたって物価が上昇し、契約時の保険金額(再調達価額)では建物や家財を元通りにするには、不可能な場合も考えられます。この点は注意すべきところで、何年かに一度見直してみるといいと思います。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

店舗や事務所の火災保険

普通火災保険

普通火災保険とは、専用住宅以外の店舗や事務所、倉庫あるいは店舗併用住宅の店舗部分の、建物と家財を補償する保険です。
以下が、普通火災保険の3つの柱である損害保険金、費用保険金、賠償責任保険の内容です。

損害保険金
損害保険金は、保険の目的(建物、家財など)に損害があったとき、その損害に対して、保険金が支払われます。

  • 火災
  • 落雷
  • 爆発、破裂…ガス管が爆発したり、近隣の工場で爆発があり損害があったとき。
  • 風、雨、ひょう、雪の災害…台風による暴風雨や異常な豪雪、ひょうで損害があったとき。

費用保険金
費用保険金は、主に保険の目的に実際に損害があった場合で、関連する費用が発生したときにその費用が保険金として支払われます。

  • 臨時費用…災害によって、緊急に必要な衣服や寝具、住まいにかかる費用など。
  • 残存物片付け費用…災害によって、焼失したり破壊されたものを、片付ける費用など。
  • 失火見舞金…誤って自宅から失火したときに、隣り近所の建物や家財に損害を与えたときの見舞金。

賠償責任保険
賠償責任保険とは、普通火災保険に特約としてプラスして、補償を充実させるものです。

  • 個人賠償責任保険…保険加入者本人やその家族が、誤って他人の所有物を壊したり、他人にケガをさせたときに、その賠償金や弁護士費用に対して保険金が支払われます。(法律上、賠償責任を負った場合。)

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

住宅の火災保険

住宅火災保険

住宅火災保険とは、専用住宅の建物と家財を補償する保険です。補償の内容は、火災、落雷、爆発、破裂、風、雨、ひょう災、雪の災害など、基本的な災害に限られています。ただしその分、保険料が他の商品と比べて安くなっています。以下が住宅火災保険の内容で、
損害保険金、費用保険金、賠償責任保険の3つに分かれています。

損害保険金
損害保険金は保険の目的(建物、家財など)に損害があったときに、その損害に対して、保険金が支払われます。

  • 火災
  • 落雷
  • 爆発、破裂。ガス管が爆発したり、近隣の工場で爆発があり損害があったとき。
  • 風、雨、ひょう、雪の災害。台風による暴風雨や異常な豪雪、ひょうで損害があったとき。(一般的な雨や雪での損害は対象外。)

費用保険金
費用保険は、主に保険の目的に実際に損害があった場合で、関連する費用が発生したときにその費用を保険金として支払います。

  • 臨時費用…災害によって、緊急に必要な衣服や寝具、住まいにかかる費用など。
  • 失火見舞金…誤って自宅から失火したときに、隣り近所の建物や家財に損害を与えたときの見舞金。
  • 残存物片付け費用…災害によって、焼失したり破壊されたものを、片付ける費用など。

賠償責任保険

賠償責任保険とは、住宅火災保険に特約として付保し、補償を充実させるものです。

  • 借家人賠償責任保険…賃貸用の一戸建、マンション、アパートの入居者が、誤って火災を起こして大家さんに、賠償金を支払う必要が生じた場合の特約です。
  • 個人賠償責任保険…保険加入者本人やその家族が、誤って他人の所有物を壊したり、他人にケガをさせたときに、
    その賠償金や弁護士費用に対して保険金が支払われます。(法律上、賠償責任を負った場合)

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険と失火責任

賃貸の場合の失火責任

ここでは、一戸建住宅やマンション、アパートなどが賃貸の場合、近所の火災で損害を受けたときの賠償責任について解説しています。
このケースでは、失火責任法と民法415条・債務不履行の、2つの法律が関係してきます。失火責任法では、失火した人に重大な過失がない場合は、自分が住んでいる賃貸物件から失火したときも、近隣の火事で自分に損害があったときも、誰にも賠償責任は発生しません。自分が住んでいる賃貸物件から失火したときも、近隣の火事で自分に損害があったときも、修繕費や復旧費は、そこに住んでいる人の負担になります。

しかし、民法415条では借り主は貸主に対して、借りたものを元通りにして返さなければ、損害賠償を請求できる権利があります。
これは、借り主が失火したときだけでなく、近隣の延焼で借りていたマンションや一戸建てが、焼けた場合も同様です。つまり、原因が何であれ、賃貸物件を借りて住んでいる人は、それを大家さんに返すときは、借りたときの状態にして返す義務があります。これを、現状復帰義務といいます。
ただし、壁紙の汚れやくすみ、床のほんの小さな傷などは例外です。とはいえ、火災にあった賃貸物件を、元通りにして大家に返すとなると、多額の費用がかかります。この費用を補償する保険が、借家人賠償責任保険で、貸主である大家への賠償に備えるためのものです。
通常、賃貸物件を借りている人は、まず、家具や家電製品などの家財の火災保険に加入し、その特約で借家人賠償責任保険を付保します。

このように借り主は、自らの失火と近隣からの延焼、そして、貸主への賠償に備えて、家財の火災保険(主契約)と借家人賠償責任保険(特約)への加入を、検討する必要があります。賃貸契約を結ぶときには、必ずこの2つの火災保険の加入を、契約の条件として定めている大家や、不動産業者が多いです。なお、失火した人に過失があった場合の備えには、
個人賠償責任保険があります。この保険では、たとえ重大な過失で失火したときでも、近隣の被害者に賠償金が支払われます。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の補償内容

火災保険の補償内容

火災保険は、建物と家財の損害を補償するもので、建物や家財に損害を与える事故が補償の対象になります。
補償の対象となる主な事故には下記のようなものがあり、それぞれの事故に対応している火災保険は次の表の通りです。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

火災保険の基礎知識

火災保険とは

火災保険は家を購入したり・賃貸住宅に入居する時になんとなく加入するものだと認識されていますが、加入すると契約者の生活にまつわる様々な補償がされるとても便利な保険です。あまり知られていないケースでも補償されたりすることがあるので、
火災保険に関する知識をつけておけば、万が一の時に役に立つかもしれません。

火災保険は、保険金額の設定の仕方が重要になります。何も考えずに設定してしまうと万が一の時に十分な補償を受けられなかったり、
損をしたりします。
基本的な考え方を知った上で契約するようにしましょう。
また、失火法という法律をご存知でしょうか?法律では通常、他人に迷惑をかけた場合は加害者側の損害賠償責任を認めています。
交通事故などでは、他人に損害を与えてしまった場合には、加害者は人や物に対して賠償責任を負います。ところが、火災に関しては
『失火の責任に関する法律(一般的に失火法と呼ばれています。)』というものが認められており、
不注意による失火の場合は隣近所に火災による損害が及んでも賠償責任を負わなくていいというものが定められています。
つまり、隣の人の不注意により自分の家や家財等の財産を失っても相手に重大な過失がない限り責任は問えないのです。
なので、火災保険に加入しておかないと最悪のケースで家を失ってなにも残らなくなることも考えられます。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

賠償責任特約

賠償責任特約とは、契約者が第三者に対して損害を与えてしまった場合に、賠償責任を補償する特約です。

実際には個人賠償責任特約や、火災保険の特約の借家人賠償責任特約などのように、契約する対象によって固有の名前が付いていて、補償される内容もそれぞれの種類によって異なります。

また、個人賠償責任保険という賠償責任だけを補償する保険もあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 火災保険

Return to page top