ホーム > タグ > 傷害保険

傷害保険

傷害保険の注意点

傷害保険に加入する際の注意点

傷害保険は、急激・偶然・外来の事故で傷害を被り、その結果、入院・通院したり、後遺障害が生じたり、死亡した場合に保険金が支払われる保険です。
死亡保険金・後遺障害保険金・入院保険金・通院保険金などが支払われますが、自分の目的に合ったものを選ぶために以下の3点をよく整理しましょう。

どのような事故を対象にするのか? また、いくらの補償が必要なのか?
・日常生活上で生じるケガ
・交通事故によるケガ
・旅行中(国内や海外)のケガやその他のアクシデント
・職場での業務中のケガ
・趣味やスポーツ、レクリェーション等の活動中のケガ
・ケガや病気で働けなくなった時の所得の減少に備える

誰を保険の対象にするのか?
・自分
・家族
・夫婦
・生徒や学生、会員や団体員、行事参加者、従業員など

その他の特約や目的は?
・ケガだけではなく、携行品の損害や賠償責任に対する補償も必要なのか
・他の保険商品とセットで契約したいのか
・長期(3年~5年)の積立型で契約したいのか

「各保険金の説明」
死亡・後遺障害保険金
傷害により死亡した場合に死亡保険金をお支払いします。
また、傷害により、後遺障害が生じた場合にその後遺障害の程度に応じた保険金をお支払いします。
入院保険金
通院保険金 傷害により平常の業務または生活ができなくなり、入院、通院などした場合に保険金をお支払いします。

傷害保険について相談する際には、例えば「予算5千円で、加入料はなし。個人向けで。サッカーをやっているので、練習中も補償されるプランで」など、具体的な(予算)傷害保険料額・傷害保険の適用範囲・傷害保険特約が必要になりそうな際には、特に強調しておかなければいけない点などをまとめておきましょう。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

傷害保険の保険料

傷害保険の保険料について

傷害保険をかけるときは、保険会社か代理店及び共済などで手続きします。傷害保険は、単独の傷害保険としての商品もありますが、プランとしてあらかじめパターンが決まっている場合が多いので、各保険会社の資料をよく比較し、それぞれの生活に見合った傷害保険を選ぶことが重要になります。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

特別な種類の傷害保険

特別な傷害保険

傷害保険の特殊な種類として、ゴルファー傷害保険が挙げられます。補償内容補償内容の重点が異なる傷害保険の多くは、保険期間が一定期間である傷害保険商品がほとんどです。スポーツ傷害保険、レジャー傷害保険などが、このタイプの傷害保険の分類に該当します。

傷害保険の中でも特殊なゴルファー傷害保険の補償内容は、普通傷害保険の内容に加えて、ホールインワン保険の内容を加味しているものが多いです。
このように、スポーツ傷害保険には、それぞれのスポーツに特化した補償内容を備えている傷害保険も数多くあります。
危険なスポーツや、不慣れなスポーツをする際は、必要に応じて、これらの傷害保険を選択してゆくと良いでしょう。

スポーツ傷害保険も、普通傷害保険と同じように、危険度に応じて掛け金が変わってゆく場合が多いので、それぞれのスポーツの危険度に応じて、傷害保険の保険料額も変化します。なお、普通傷害保険をかけた保険会社によっては、特約として差額(追加料金)のみの支払いで応じてくれる場合もあります。レジャー傷害保険もまた、スポーツ傷害保険と同様の取り扱いをする保険会社がほとんどです。
登山・ボブスレーなど危険性のともなうレジャーについては、普通傷害保険であっても、傷害保険の保険特約とみなす保険会社が多いです。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

傷害保険のすすめと選び方

傷害保険の魅力

傷害保険の一番の魅力は、特約によって自分にピッタリの保険を作ることができる点です。
傷害保険というと、家計に余裕がある人が入る保険ではないかと感じる方もいるかも知れませんが、傷害保険は、各損害保険の中では、お手軽なものです。
もちろん、それぞれのライフスタイルに合った傷害保険は、十人十色で、やみくもにお金を多くかけておけば安心ということではありません。
しかし、数百円からの傷害保険もあります。数百円で、安心を買うことが出来るのなら、お安い出費でないでしょか?

傷害保険の利用を考えない理由として、よくあがるのが収入が少ないという理由ですが、傷害保険は、こういう方にこそ、メリットがある保険だと思います。万が一、ケガや傷害を負ったときに貯金がなかったとしたら、医療費だけでなく生活費も、最悪の場合、借金でまかなわなければならなくなります。対応する傷害保険に加入していれば、この場合の医療費は、傷害保険金として給付されますし、所得補償保険を特約につけていれば、生活費もここからまかなえます。傷害保険はリスク回避のための、個人でとれる安全策のひとつです。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

傷害保険の基礎知識

傷害保険とは

傷害保険は加入することで、契約者やその家族にぴったりの保障内容を付けることができるので暮らしに安心感をもたらすことが出来ますし、傷害保険の保険金によって、ケガをした後も安定したまま生活を保つことが出来ます。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホールインワン特約

ホールインワン特約とは、ゴルフ保険に付帯できる特約のことです。

日本では、ホールインワンまたはアルバトロスを達成したプレイヤーが、ご祝儀として、キャディらへのチップ、一緒に回っていたプレーヤーに記念品を配ったり、祝賀会を催したりする慣習があるため、かなりの出費になる場合があります。

その費用を補償する特約がホールインワン特約です。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホールインワン

ホールインワンとは、ゴルフ競技で、1打目に打ったボールをカップに入れることです。

日本では、ホールインワンを出したプレイヤーは、ご祝儀として、キャディらへのチップ、一緒に回っていたプレーヤーに記念品を配ったり、祝賀会を催したりする慣習があるため、かなりの出費になる場合があります。

ホールインワンを出した場合の費用を補償するものとして、ゴルフ保険の補償内容に含まれていたり、ゴルフ保険に付帯できるホールインワン特約などがあります。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

天災危険担保特約

天災危険担保特約とは、地震、津波、噴火などの天災によるケガや通院による費用を補償してくれる傷害保険に付保する特約のことです。

通常の傷害保険では、天災による損害は支払の対象にならないので、この特約を付けることで、天災による損害も補償されるようになります。

外資系の損害保険会社では、以前より付帯させることができましたが、最近では日本の損保会社でも、この特約を付けることができるようになってきました。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

第三分野

第三分野とは、傷害、疾病、介護分野の保険のことです。

従来は、第一分野の、人の病気での死亡に対する生命保険、第二分野の物の損害に対する損害保険という、2分野の保険しかありませんでしたが、次第に、傷害や疾病、介護関連する保険が登場しました。

入院保険やガン保険、傷害保険や介護保険などの、人に対する保険は、第一分野にも第二分野にも属さない、中間的な性格を持っている保険で、第三分野と呼ばれます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

損害保険

損害保険とは、偶然の事故による人や物の損害を補償するための保険です。損害保険にはさまざまな種類がありますが、第三者に対する賠償と、自分の損失を補填できる補償が基本です。

損害保険には、自動車保険、火災保険、地震保険、傷害保険、海外旅行保険、国内旅行保険といったものがあります。

また、会社やお店で不測の事態が起きた時に、その損失をカバーする休業損失保険、賠償責任保険といった事業用の保険もあります。

最近では、ガン保険や医療保険など、生命保険分野(第三分野)の商品も販売するようになっています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 傷害保険

Return to page top