ホーム > タグ > ペット保険

ペット保険

ペット保険の保険料

ペット保険の保険料

ペット保険の保険料がいくらくらいになるのかはペットの種類や年齢によっても変わってきますが、ペット保険のタイプによっても変わってきます。

ペット保険には、定額保障型のものと定率保障型のものがあります。それぞれの保障型のタイプや定額の金額や定率の割合によって保険料は変わってきます。定額の補償額を高くしたり、補償率が上ればそれだけ保険料は高くなります。また、ペットの年齢が上がればそれだけ保険料が高くなります。ペット保険の掛け金は最初に加入した際の掛け金がそのまま続く場合もありますが、契約よっては更新時に見直しが行われる場合もあります。

犬や猫の場合、最低金額で月々約1800円以上くらいからペット保険を選べますが、ペットの年齢や種類、血統、体重等によっても保険料は変わってきます。

ペット保険の中には掛け捨てではなく、ペットが一定期間健康な状態を維持し、ペット保険の利用をすることがなかった場合に保険料戻ってくるものも用意されています。また、加入期間に応じて払戻金を受け取ることができるペット保険もあります。

ペット保険の中にはペットの通院や治療の際の補償は受けられないタイプのもので、入院や手術、葬祭保険金、高度後遺障害の補償のみが付くタイプのものや、反対に手術の際には補償を受けられない代わりに通院や入院の際に補償を受けることができるタイプのものあります。
こうしたペット保険の場合は、通院、入院、手術などを全般的に保障してくれるペット保険に比べて保険料は割安になっています。
ペット保険のプランには加入後に変更することができるものが多くなっています。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ペット保険の制限

動物病院の制限

人間の保険の場合は、健康保険証を利用することにより、3割の負担で日本全国どの病院であっても保険対象治療であれば、治療を受けることができるようになっています。
ペット保険を利用することで、どの動物病院であっても利用することができるのかどうかについて解説していきたいと思います。

保険会社によって、若干の違いが出てきてしまいますが、基本的には日本国内の動物病院での治療であれば、補償を受けることができます。
なので、ペット保険に加入した後でもいつもと同じ動物病院で治療を受られます。

ペット保険は、基本的には治療後に申請することによって補償が受けられますが、ペット保険の種類やプランによっては、治療時の精算時に補償額分の割引を受けることができます。
治療時に補償を受けるためには、治療を受けた動物病院がペット保険の契約病院である必要があるので、そういった補償を受けたい場合には、かかりつけの動物病院が加入予定のペット保険の契約病院であるのかどうかということについて調べておく必要があります。

また、大手のペットショップの中にはペットショップ独自のペット保険を設けているところもあります。このケースではペットショップが経営している動物病院で診療を受ける必要があるので、動物病院にかなり限りが多くなってしまいますが、月に何度か系列病院の先生がペットショップを巡回して診療していることが多く、小さい頃から診ている先生に診療をしてもらえるなどというメリットがあります。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ペット保険の補償内容

ペット保険の補償内容

ペット保険では、主にペットの病気やもしもの場合のケガの際の診療や治療、入院費用などが補償されます。
ペット保険の補償は終身保障になっているところがいですが、ペット保険の会社によっては、年齢に制限がある場合もあります。
制限がある場合でもその動物の寿命と言われている年齢よりも高めの年齢まで補償される場合が多いです。
また、終身保障に加入するには一定年齢までにペット保険に加入している必要がある場合もあります。

ペット保険の補償内容には、ペットの病気やケガによる通院時の診療、治療費用、入院費用、手術費用、薬剤費用などがあります。
それぞれ人間の保険と同じように支払い限度額や年間の利用限度日数などがあります。

ペットが病気や事故などによるケガで通院したり入院したりする場合には、1日目から補償されるペット保険が多くなっています。
また、普通の病気とは別にガンの補償を用意しているペット保険も多くなっています。ガンに限らず、病気の場合はペット保険加入後一定期間の間は補償対象外になっている場合があります。ただし、ケガの場合には、加入の初日から補償されます。
ほかにも、ペットが誰かに噛みついたり誰かのものを壊してしまったりした際の賠償責任補償が付いているペット保険や特約として付けることができるペット保険もあります。

また、ペット保険の中には、ペットの葬儀費用として保険金が支払われるものも用意されています。
ペットが亡くなられた後、その死骸を放置することは行政によっても許されていないので、できるだけ早く埋葬することになります。
小動物などの小さなペットの場合は土葬していただくこともできますが、犬や猫の場合には自治体かペットの火葬業者の方に火葬を依頼します。
その際にはペットの大きさに応じて葬儀代がかかることになりますので、こうした補償も検討されるといいと思います。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ペット保険の基礎知識

ペット保険とは

可愛い愛犬や愛猫などのペットが事故に合ってしまったり、加齢とともに何かの病気が発症してしまったりしたときに、人間とは違い保険証がない分、治療費をすべて実費で支払わなければならないのは、経済的にかなりの負担になります。

実際にペットが老犬になって、初めてペットの治療にかかる費用やペット保険について考える方も多いのではないでしょうか?ペットはどうしても人よりは早く年をとってしまうものなので、ペットの老後についてまでよく考えてあげることがとても大切です。
小さなころからかかりつけの動物病院を決めておくとともに、ペット保険の加入についてもよく考えておくとよいと思います。

実際にペット保険について加入をお考えになられても、どういったペット保険を選べばよいものか悩んでしまうと思います。保険会社によって、治療費の補償額やシステム、プランなどが違いますし、加入することができるペットの種類も様々です。また、ペットの年齢によっては加入することができない場合やペット保険によっては保険の更新をすることができないこともあるので、よく注意して加入しましょう。これからペット保険のシステムやペット保険に加入するための条件、ペット保険にかかる費用などについてさらに詳しく解説していきます。
全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > ペット保険

Return to page top